*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.02.11 (Sat)

大阪維新に確かな手応え!

今回のエントリーは久しぶりに書評です。
とても良い本に出会ったので紹介したいと思います。


体制維新-大阪都/橋下徹・堺屋太一著





タイトル通りこの本は橋下さんが提言する「大阪都構想」について書かれたものです。
内容としては対談形式と都構想について橋下さんが書いたパートに別れています。
正直対談はなくてもいいんじゃないかと思うのですがその方が読みやすいんでしょうか。


私自身ずっと「都構想」というものが気になっていました。
なので橋本さんをtwiiterでフォローしたりして情報を集めていたのですがやはりまとまった本が一番良いだろうと思い今回に至りました。
そこで分かったことは「大阪が抱える独自の問題」についてです。

各地域ごとに抱える問題は異なると思います。
大阪においては「大阪市」と「大阪府」の二重行政・二元行政にあるとのことです。
大阪は借金だらけだということは住んでた頃から知っていましたがその問題は上記のことから発生しているというのです。
その内容はというと、大阪は大阪市が大阪府に対して独自のスタンスで動いてるため本来広域行政である大阪府の仕事も大阪市が二重に行なっているということです。
具体例としては図書館等の設備が常に「市営」と「府営」で二重に存在するため無駄な費用がかなり嵩む。
そしてそんな大阪市に対して大阪府は完全に手を出せない状態、つまり二元行政になっているのが現状というのです。

この現状に対して橋下さんは「広域行政」と「基礎自治体」を明確に分けるべきだと主張されています。
広域行政とは例えば空港・幹線道路・鉄道等の広域インフラですね。
こういったものを大阪市が大阪市のために整備すると大阪全体としての利益が反映されない形になるので大阪としての成長が阻害される。
反対に基礎自治体としてみると大阪市はあまりに大きすぎるけれど、それを大阪市役所が一元的に管理しているので住民の要望に答えることが不可能である。
東京都では区長が選挙で選ばれるため住民の要望が反映されやす区ごとの成長も促される。
それに対して大阪では区長が市役所の職員であるため、区長が見るのは人事権をもつ市役所であり基礎自治体の利益を反映した形になっていない。
このように現状は「広域行政」も「基礎自治体」もごちゃまぜになっているためどちらも手落ちになっているというのが現状のようです。

このような現状に対して「大阪都」を構想しました。
それにより大阪全体のことを考える「広域行政」を担う機関、そして大阪市はいくつかの特別自治区を設けて区長を選挙で選出し「基礎自治体」を担う機関に明確に分けるのです。
そにより大阪全体としての成長を促すとともに、各地域ごとの住民の要望に合わせた街作りを自治区で行うということですね。

この発想の根幹にあるのは「世界都市間競争に打ち勝つ」ということです。
ロンドンやニューヨークに代表される都市の発展は世界的なものになりソウルや台湾など各地域に合わせた手法で国を牽引しています。
しかし、日本においては東京という1つのエンジンしかない。
GFP500兆円、人口1億を超える日本を牽引するためにはもう1つのエンジンが必要だという考えから「大阪都構想」がスタートしたわけです。


この本の素晴らしいところはこれらのことが非常にわかりやすく、かつ論理的に展開されているところです。


「何が必要か:世界都市間競争に打ち勝つ大阪を育て日本を牽引する」
      ↓
「何が問題か:大阪において上記のような無駄がある」
      ↓
「どうすればいいか:広域行政と基礎自治体の役割・責任を明確にし全体として発展させる」


政治で日本のシステムを変えるという今までなら夢物語と思っていたことが実現するかもしれないという確かな手応えを感じました。
本にはここでは書ききれなかった細かなフォローまで全てを書いてあります。
久しぶりの超オススメ本なので是非読んでください。
11:01  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.02.07 (Tue)

開かれた社会・閉じた社会

この前こんな記事があってそれについて意見をやり取りする機会がありました。


マクドが関学生を出入り禁止? “大人”の過剰対応に疑問も


この記事に対して私は以下のようなコメントをしました。


関西大人間健康学部の竹内洋教授「大学の近くで営業する店は教育者のようなもの。目に余る学生はその場で注意し…」こんな発言する人が教授なのか…。立地によらずマックは教育機関ではない。


私としてはこんなコメントを大学教授がすることに驚きました。
大学で教える立場にある人が自分のことは棚にあげて「注意すべきだ」と言ってのける神経がわかりません。
「大学の近くで営業する店は教育者のようなもの」という理由に論理の欠片も感じません。
まったく最近は橋下市長にボコボコにされた山口教授といい大学教授の無知っぷりが世間に晒されています。
多くのまともな大学の先生にしたらいい迷惑でしょうね。

さて、議論を本題に移すとこの私のコメントに反論がありました。


こんなこと言うと時代錯誤も甚だしいようですが、本来なら その場にいる大人=教育者 になるはずなんですけどね。つまり同じ場所を共有する集団のなかでは、より大人な立場にある人がより子供な人の過ちを正せるのが、本来広義での教育の形のはずではないかということです。要するに肩書きで縦割りしてそれ以外のことは丸投げするのではなくて、同じ社会的で生活する以上は誰もが子供に対して(大学生を子供扱いにしなければならないのも皮肉ですが)教育者であるのが本来在るべき姿ではないかって。要は子供の悪戯に対して注意もせずに突然規則を押し付けるのは教育として望ましい形では無いのではないでしょうか?少なくとも数十年前の日本や現在でも韓国等では当然の社会構造ではないかとおもいます。


複数のコメントを1つの文章にまとめました。
ちなみに竹内教授のコメントについては同様に不快感を示していましたが(その部分はカットしました)最終的な結論は若干異なっています。
彼の判断は「その場で注意すべきだ。どんな立場であろうと大人が子供を優位するのが望ましい形であり、昔の日本社会のような構造がよい」という意見だと私は捉えています。
その意見に対して私は非常に違和感を感じたため、彼に同意を得てこのようにまとめることにしました。


大人が子供を注意すべき


非常に一般的なこの意見に対して私はなぜ違和感、どころか嫌悪感すら感じたのか自分自身よく考えてみました。
何に対する嫌悪感なのか…それはまさに彼が言った「子供に規則を押し付けない」ということです。
私は日本社会において学校というのはある意味治外法権になっているように感じています。
学校内での暴力行為は「いじめ」という表現で終わりますが、学校外では「犯罪行為」になります。
その理由は社会一般にあてはまる規則が学校内では通じずに治外法権になっているためです。
その他学校内でしか通じないルールは細かなものを含めれば数多くあるということは誰でも実感があるはずです。
それを「教育」と呼ぶならなんのための教育なんでしょうか。
私には本来の目的を大きく外れた教育としか思えません。


「ルールに則る」ということの重要性は社会の開放性が高くなればなるほど重要になります。
アメリカが極度の訴訟社会になったのはいろんな人種がいるため日本に見られる「暗黙のルール」が通じないためそうならざるを得ないからなったと考えられます。
そして、このような動きは現代のグローバル社会=より開放性の高い社会にとって非常に重要です。
ルールが明確なら途中から参加してもそこでの生き方がわかります。
すると皆が同じルールで競いあってビジネスを進めれるため活力の高い社会ができるでしょう。

その反対にあるのが一般に言われる「古きよき日本の社会」です。
ルールは「暗黙のルール」となっているため明文化されず基本的に外部からの干渉を嫌います。
最近その分かりやすい例として古株であるオリンパスの上場維持され、新参者のLivedoorの経営者は塀の中にいます。
検察が誰を犯罪者にするのか、その法則がわからない日本はそれだけカントリーリスクが高い国と考えられ起業家は嫌煙する可能性もあります。
時代の変化は早くなるにつれて「大人」の判断なんてものは全くあてにならないことをこの国は証明してくれているように感じるのです。


こういうことを考えると「大人が注意する」なんて括りがいかにつまらないものかと感じます。
明確なルールの下で子供を育てることが何より重要ではないでしょうか。
今回大学が取るべき対応は店側がお願いしたルールを徹底するだけでよかったので「過剰反応?」というタイトルになったのです。
ルール以上のことを勝手にするのは大学側が教育ではなく体面を大切にした何よりの証拠でしょう。
つまりルールも教育者も不在であることが最大の問題なのかもしれません。


というわけで思った以上に長くなってしまいましたが自分の考えがなんとなくまとまりました。
この機会をくれた彼に感謝します、お互い勉強しましょう。
21:04  |  社会・政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.01.15 (Sun)

ゲノム情報活用の最前線?

ゲノム解析を大学時代やっていたのでこの分野の話は今でも興味があります。
ただ、ゲノム情報が直接役に立つのはまだ先の話なのかなと思っていたのですがとんでもない!
かの有名なSteve Jobsがゲノム情報のおかげで延命できていたというエントリーがありました!


Wmの憂鬱、次世代ゲノムシーケンサーが急速に大衆化【個の医療メール Vol.408】


ジョブズ氏のゲノムを解読したのは米MITのブロード研究所、その解析成績に基づき、標的医薬の選択と治療方針を決めたのが、米Stanford大学、米JhonsHopkins大学、そして米Harvard大学の医療チームでした。(中略)。すい臓がん再発患者としては異例の延命を実現し、新型iPHONEやiPADなど、熱狂的なファンを持つ製品を世に送り出すことができました。


上記のようにJobs氏はゲノム情報を生かした治療により異例の延命を可能にしたとのこと。
もちろんこの記事だけではゲノム情報がどれだけ効果的だったのかはわかりませんがこのような活用が事実なされたというだけでも私は驚きました。
やはり研究は単に研究成果というだけでなくこのように実用化されてこそだと思います。


記事でも書いてあるようにヒトゲノムの配列解読はお金持ちしか出来ない技術ではありません。
私が学生時代のときは1人のゲノムを読むのに億単位のお金が掛かりましたが次世代シーケンサーの登場によりいまや1000ドルゲノムも夢ではない(すでに実用化されている?)時代となりました。
ただし、単に「ゲノム配列を読む」ことと「ゲノム配列情報を活かす」ことは全く別物で、後者は非常に専門的な技術がいります。
恐らくそこにまだまだ莫大な費用がかかるのではないかと思います。
しかし、だからといって「お金持ちの技術だ」と批判すべきではありません。
お金のある人にこういう技術をどんどん使ってもらってノウハウを蓄積することで必ず還元される日はやってくるものです。
そういうシステムに強いのがアメリカだと思うのですが日本の医療制度ではまだまだ先のことになりそうですね…。
っとなぜか暗い方に行ってしまいましたがとにかくゲノム技術の医療活用はこれから非常に楽しみな分野になるでしょう。
1000ドルゲノムが一般に実施されたら早速私も試してみたいと思います!
13:43  |  研究  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.01.10 (Tue)

ありがとう。さようなら。



今日の午後、レオが他界しました。
もうだいぶ弱っていたけれど帰省から戻ってすぐにこんなことになるとは思いもしませんでした。

仕事中に母からメールが来たので嫌な予感はしたのです。
メールで他界したことを知ったときは仕事中だしとりあえず集中しなきゃ、と思ったけれどやはり無理ですね。
仕事中にトイレに駆け込んで泣くなんてOLみたいだな~なんて冷静なことは思えません。
とにかくトイレで泣きました。
その後は持ち直したものの、人がいるといいんですが1人になっちゃうとダメですね、涙が止まりません。


何故かわからないけれどレオのことを思い出すのが供養になる気がするので思い出を振り返りたいと思います。


レオがうちに来たのは自分が14才中学2年生のことです。
ずっと犬を飼いたいと言っていたんですがついに親から許可がでて飼うことになりました。
はじめはコリーにしようと思ったんだけど、新聞を見ると里親を探している犬たちが沢山いるではないですか。
小さいころから捨て犬を拾ってきては親を困らせてた自分としては絶対こっちの方がいいと思い、すでに大型犬用の犬小屋まで買っていたのに急遽変更となりました。

初めての出会いはとあるアパートで里親探しをしてる方の玄関です。
ダンボールに小さな犬が2匹いました。
片一方は明らかに可愛い感じなんですが、もう片方はなんだかどんくさい(笑)
それで「こいつ売れ残るんじゃないか?」なんて考えて結局どんくさい子犬を選びました。
それがレオです。

ちなみにレオは女の子で最初の名前もレオナだったんですがなんか呼びにくいなってことでレオに落ち着きました。
レオは雑種でビーグルと芝犬の間の子です。
耳がビーグルの血を受け継いで垂れてるのがチャームポイントですね。

レオは本当に弱虫でうちにきてから1週間くらい夜泣きしてまいた。
夏休みに飼い始めたんですが、2学期が始まると毎日学校に出ていくたびにクンクン泣いてしまいます。
帰りも自転車の音を聞き分けるらしく、自分が帰ってくるころになると騒ぎ出すそうでほんとに寂しがり屋でした。
散歩に行ってもよその犬どころか猫すら避けて歩くというチキンっぷり!
そういや当時は半ノラの猫も飼ってたんですがいつもその猫に負けて自分の膝には猫が座り、足の下で不満そうに座ってたっけなぁ。

こんな感じで弱虫だから人が来てもそんなに暴れないんだけど、そのおかげで近所の評判はよかった気がします。
実家は田舎なんで近所の人はだいたい知り合いなんですが(というか一方的に知られてる)すれ違うと「レオは頭がいいねぇ」なんて言われたもんです。
ほんとは弱虫なだけなんだけどな~なんて思いつつ褒められれば嬉しいですよね。
こういうのを親バカって言うんだろうなと中学生にして実感しました。

親バカネタをもう1つ。
レオは写真で見る通り、顔が真っ黒なので写真だけ見せるとよく怖いって言われました。
だけどやっぱり自分から見ると可愛くてしかたないじゃないですか。
最初はどんくさい感じだなと思っていたのに不思議なもんですね。
我が子が世界で一番可愛く見えるってのはこういう感じなのかな~。
血が繋がってる訳でもないのに不思議なもんです。

こういう感じで小さな出来事を上げていけばきりがないけれど、1つ言えるのはレオといられた15年間は本当に幸せでした。
最後は岐阜を出てしまったので年に数回しか会えなかったけれど戻る度にレオに会えるのは大きな楽しみでした。
帰る度にレオを撫でると「もっと撫でて!」と顔を手にグイグイとあてて催促してきたあの感触を忘れることはないでしょう。
レオ、本当にありがとう。


今後の予定ですが12日(正確には11日の夜)に再度帰省して火葬を行い、最後をみとどけたいと思います。
今は自宅まできて火葬をしてくれるサービスがあるんですね、これは素直に驚きました。
正直レオの亡くなった姿を見るなんて想像するだけでも辛いので出来れば帰りたくないけれど、ここで帰らないと一生後悔することは分かっているので帰ります。
レオが安らかに眠れるようにしっかり弔ってあげたいです。
20:44  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.01.08 (Sun)

日本の防衛政策 / 神保謙@GLOBIS.jp

すごく前の話ですが原発問題に関してグロービスの堀さんとソフトバンクの孫さんがオープンな場で議論したことがありました。
それをきっかけにネット上のオープンな議論というのが進められて第2回はTPPについてでしたね。
その時に出席していたパネリストの方に神保謙さんという方がいました。
その話しぶりの論点の明確さとキレの具合に「すごい人がいるな~」と思ったので検索してみたらグロービスで動画を発見したんです。
今日はその紹介をしたいと思います。


グロービスというのはビジネススクールを経営していて教育を軸にビジネスをしているようです。
その派生サイトなのかよくわかりませんがオンライン経営情報誌「GLOBIS.jp」というサイトがあります。
そこでは経営だけでなく様々な分野の動画が紹介されており無料で勉強できる素晴らしいサイトです。
経営に直接関係なくても幅広い知識がないと経営判断ができないためこのように様々なことを取り扱っているのかもしれませんね。


さて、その動画のなかにあったのが神保さんの動画です。
慶応大学の総合政策学部で教えているので政策を専門としている方なのでしょうか。
動画をみると政策の中でも防衛政策を専門としているようです。
それではさっそく動画を紹介します。


慶応義塾大学総合政策学部 神保謙氏「世界のパワーバランスの変化と日本の外交・防衛政策(前編)」

慶応義塾大学総合政策学部 神保謙氏「世界のパワーバランスの変化と日本の外交・防衛政策(後編)」


私は防衛政策なんて初めて真面目に聞きましたがまぁわかりやすい!
1つ1つの論点について明確にしながら問題点をあげて、その結論に辿り着くまでの道筋がほんと気持ちいいくらいです。
自分もこのくらい説明できたらと直接政策だけでくプレゼンとして勉強になりました。


防衛政策に関する詳しい説明は動画に譲るとして、最後に聴衆から秀逸な質問がでました。
最終的な結論が正しいと仮定したときにどう行動すればそれが実行できるのかというものです。
それに関する答えは即効性のあるものではなく結局こういう実態を知らせていく必要があるというものです。
確かに私自身「防衛政策」なんて考えたこともなかったけれど実は外交においても非常に重要な影響を与える因子だということを聞いたことがあるので知っておくべきでしょう。
ということで知識の共有のためにこの動画を紹介しました。
合計で80分くらいの動画ですが本当に分かりやすいので是非皆さんも共有してください!
10:31  |  社会・政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。