*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.03.17 (Sat)

放射線を学んで復興支援

私が住んでるつくば市からこんなものが届きました。


「暮らしと放射線-放射線と上手につきあうために-」


さすが研究学園都市というだけあって放射線に関する説明が非常にわかりやすく書かれていました。
もしかしたらどこの自治体も最近はこういうのを配ってるのかもしれませんが紹介したいと思います。
(ただ、配布するのが遅すぎるだろとはつっこみたいです)


まずタイトルがいいですね。
放射能といわずにしっかり放射線と書いてある。
放射能という言葉は「放射線を出す能力」のことであって放射線ではありません。
だけど最近ではごっちゃになって使われていますよね。
そのこともしっかり内容に触れている辺が「言葉の定義をしっかりさせる」という科学のスタイルに則っていて好印象です。


さて、うまい説明だなと思ったのが放射線の単位に関する説明です。
放射線には「ベクレル[Bq]」、「グレイ[Gy]」、「シーベルト[Sv]」の3つの単位があります。
この単位を雨に例えて下記のように説明しています。

放射線の単位

・ベクレル[Bq]:空から降る水の量
・グレイ[Gy」:人に当たる水の量
・シーベルト[Sv]:水があたったことで受ける影響

ベクレルは「どのくらい水がふってきたのか」という総量を指しますが、その中でも「その降ってきた水がどのくらい人にあたるのか」というのがグレイになります。
わかりにくいのがシーベルトですよね。
そこでこれも良い例えだと思うのですが、同じ分だけ水の量が降っていたとしても片方は「雨(液体)」、もう片方は「あられ(氷)」として降ってきたらどうですか?
同じ水の量でも液体としてなら「濡れるから嫌だな~」程度で済みますが、氷として降ってきたら「痛い!」ってなりますよね。
つまり、この場合だと氷の方が人に与える影響が大きいのでこれを放射線で考えるとよりシーベルトの値が高くなるということです。

さて、単位がわかったところでやはり気になるのは「放射線と発ガン」の関係ですよね。

放射線のリスク

放射線の発ガンリスクは短期的に100mSv被ばくするとみられると言われています。
例えば私はラーメンが大好きなんですが、だからといって食べ過ぎると100-200Sv以上被ばくするより発ガンリスクが若干高くなるようですね…気を付けねば。
喫煙で1.6倍とかなり高くなっていますが、昨年からの放射線騒動で面白いのは喫煙してる人も放射線の発ガンリスクに対して騒いでいたことです。
いやいや、今の放射線レベルならあなたの方が何倍もリスク高いですよ、しかも受動喫煙で周りにも発ガンリスクというレベルで迷惑かけてるんですよと。


ちなみに一番誤解を受けやすい「被ばく総量年間1mSv」という数値です。
これは上記の図をみてわかるように1mSvを超えると発ガンリスクが高まるという「安全と危険の境界線」を示す数値では全くありません。
これに対する私なりの解釈は「目標値が危険値ギリギリだとまずいし、平時ならこの数値目標は達成出来ると思うからとりあえず目指す数値としましょうね」というものです。
例えば食品の消費期限なんかも実際よりだいぶ短めに書かれていますが、あんなノリだと思います。
皆さんも消費期限から少し日が経っても食べたりしますよね?その程度のもんだということです。
ちなみに正確に表現すると「社会的、経済的要因を考慮に入れながら、合理的に達成可能な限り、低く抑えるべき」というものです。
そこに合理性が見られない限り、つまり除洗に数兆円もかかるような場合、達成すべき目標ではないということがわかります。


というわけで私なりに大事だと思うところをかいつまんで説明してきましたがどうでしょうか。
正しい科学知識を広めることが東北地方に起きている「人災」と言うなの風評被害を防げると信じています。
マスコミや一部の異常なコメンテーターの意見よりもこのような「科学的に根拠のある」建設的な意見で復興を助けていきましょう!
スポンサーサイト
10:37  |  未分類  |  TB(2)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/785-ff2183db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

まとめteみた.【放射線を学んで復興支援】

私が住んでるつくば市からこんなものが届きました。「暮らしと放射線-放射線と上手につきあうために-」さすが研究学園都市というだけあって放射線に関する説明が非常にわかりやすく書かれていました。もしかしたらどこの自治体も最近はこういうのを配ってるのかもしれま...
2012/03/30(金) 19:55:56 | まとめwoネタ速suru

まとめ【放射線を学んで復興支】

私が住んでるつくば市からこんなものが届きました。「暮らしと放射線−放射線と上手につきあうために−」
2012/11/22(木) 00:49:36 | まっとめBLOG速報

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。