*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.03.11 (Sun)

震災から一年後の今日を生きる

今日で震災から一年が経過しまいた。
本当に信じられないくらいの多くの人の命を奪った震災でした。
日本に与えた衝撃は想像を絶するものであり、多くの人の人生を変えた日でもあります。
直接被害を被った人以外でもその生き方に大きな影響を与えたのではないでしょうか。


私自身のことを言うと生き方の方向性自体は変わっていません。
もともと自分が信じる道を自分で選択して歩いてきたつもりです。
家族の絆もあんなに悲惨な震災がなくても両親の加齢とともに強く感じていました。
なので自分で歩いてきた道は間違ってなかった、という再確認をしたように感じました。
強く背中を押してくれた、そんな感じです。


震災からちょうど一年経った今日という日をどう過ごしたらよいでしょうか。
鎮魂の祈りを捧げながら静かに過ごすのも良いと思います。
だけど私は思うのです。
今日という日はあの日亡くなった多くの人たちが心の底から生きたいと願った、そいういう一日なんです。
そしてそれは今日だけでなく、明日も明後日も、一年後も十年後もそうです。
だったら今日を生きている私は今を思い切り生きたい。
自分が心からやりたいと願うことをやりたい、そう思うのです。
今日も、そしてこれからも。


震災から一年。
被災地ではまだまだ爪痕が残るという表現では生ぬるいほど復興が遅れている地域もあるようです。
また、復興を強力に進めている地域もあるようで、地域格差がどうしてもうまれている様子です。
再度、日本の一員として微力ながら出来ることをして行きたいと思います。
スポンサーサイト
10:09  |  その他  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/784-bd08081c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。