*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.03.05 (Mon)

一般派遣の暗い現実

私の仕事である特定派遣(正社員雇用型派遣)は話題に上がることはほとんどありません。
しかし一般派遣(非正規雇用型派遣)は多くの場合ネガティブなニュースとして話題になります。


「漂流ハケン社員」給料ダウン、結婚絶望、夢は……[前編]


私はそもそも正規・非正規というのがナンセンスだと感じています。
というより日本の大手の「ほぼ雇用を切ることができない正規社員」ということに対してという方が正確でしょうか。
年功序列と新卒採用が企業の人材戦略を大幅に狭めていることは間違いないでしょう。
その結果として生まれる「年齢による採用」が今回の派遣社員のような悲劇を生みます。

多くの人はこのニュースを読んで派遣社員の考えが甘いと思うのではないでしょうか。
正直言うと私も強く思いました。
日本社会の構造を考えれば、それが良いと思えなくても、正社員であることのメリットは限りなく大きいのは誰でもわかるはずです。
その正社員になるチャンスはリンク先で例としてあげられている2人のどちらもありました。
そのチャンスを自ら逃してしまうなんて、なんて愚かなんだと思わずにはいられません。

しかし、たとえ上記のように思ったとしても考え直して欲しいのです。
そもそも働き方なんて時の移り変わりとともに変化してしかるべきです。
その変化に全く対応していないのが日本の雇用システムと言えるでしょう。
それでも男性はまだ問題ないかもしれません。
病気や事故など不慮の事故がない限りとりあえず期間を空けずに働き続けることはできます。
しかし、女性は「子供を産む」という一大イベントが発生すれば当然職の空白期間ができます。
それを全く考慮していない、女性を働き手としてみていないということは私が言うまでもないことでしょう。

またそれ以外にもまさに例にあった人のように「一度の失敗を認めないシステム」ともいえます。
残念ながら将来を予想する力が弱かったと言えますが、それがその後の人生をここまで大きく左右する出来事にする社会がよりよい社会とは思えません。
当然キャリアを変えれば思うような給料は望めないでしょう。
しかし働き続けることが出来るなら再びチャンスがめぐってくることもあるかもしれません。
大事なのは「チャンスを奪わない」ということだと考えます。

今の日本は一度失敗すると通常の手段では這い上がることが非常に難しい社会です。
起業すればいい、と考える人もいるかもしれませんが全員がそれができたらそもそも問題にならないでしょう。
例え失業がある割合であってもその中身が流動的になっているような、チャンスがいつまでも奪われないような社会であって欲しいです。
スポンサーサイト
21:32  |  社会・政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/782-045d7d2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。