*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.02.19 (Sun)

1冊の本が体を変える

昨年の秋頃に風邪を引いてそこから胃の調子がずっと悪かったんです。
んで、胃カメラ飲んで検査したところ「軽度の胃のヘルニア」と診断されました。
ヘルニアって腰じゃないの!?と思いますよね。
ヘルニアというのは「本来あるべき位置からズレてしまうこと」を指すのでどの部位でもこの現状がおこればヘルニアだそうです。
自分の場合は胃が食道側に移動して胃と食道の間が遮られていない状態だったみたい。
だから胃から上がってくるものが止められない、という症状が続いてました。


んでその症状なんですがここ2週間で劇的に緩和することができました!
その原因はこの本を読んで実践してみたからです!


なぜこれが健康にいいのか/小林弘幸著



この本の内容は自律神経が健康に大きな影響を与えるので交感神経・副交感神経、特に加齢とともに落ちていく副交感神経を高めることが重要であるというものです。
読んでいる限りいわゆる「疑似科学」の類ではなさそうなので早速試してみたら試したその日から効果がでました!
実は胃を悪くしてから胃に溜まったガスの排出が抑えられなくて毎朝ゲップをするようにえずきながらガスを吐いていたんです…。
物を吐いてる訳じゃないんですがまだましですがさすがに毎日は辛かった。
だけど実践したその日からそのえずきがピタリと止まりました。
もちろん、これだけでヘルニアがいきなり治るわけではないのですがえずきが止まるにつれて全体の症状も少しずつですが緩和されてきました。
今も完治してるわけではないのですがこの調子でいけばあと1ヶ月もあれば完治するのではと期待してます。


正直言うとこの本は「書き方」自体がすごく下手くそです。
前半は冗長な内容が読んでてイライラするし、なんでも自律神経に繋げたがるからそれはさすがにないだろ!とツッコミも沢山いれました。
だけど確かに理屈にあってる部分は多くあって、じゃあ試してみようと思ったんです。
もし効いたとしても疑似科学のようなめちゃくちゃな理屈なら紹介しようと思いませんが、上記の理由で紹介してみようと思いました。


たぶん、自分と同世代の人(アラサー)では気にする人は少ないと思います。
なので是非親御さんに紹介してあげてください。
副交感神経は基本的に加齢とともに低下していくそうなので自分達の親世代にお薦めだと思います。
自分は最近親が病気で弱ってるのがすごい心に引っかかってたのでさっそく実家に1冊送りました。


ちなみにこの本に出会ったきっかけは電車の広告でした。
電子書籍としてiPhoneで購入できたので気軽に読めたんですよね。
とにかく行動してみるってやっぱり大事です。


というわけでもし周りに体調が悪かったり、そろそろ親も年だなぁなんて方は是非この本を紹介してみてください!
ちなみに効果は人によって全然違うと思うけ本代以外はかからないので大丈夫!(笑)
スポンサーサイト
21:29  |  その他  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/781-04f3686b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。