*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.01.15 (Sun)

ゲノム情報活用の最前線?

ゲノム解析を大学時代やっていたのでこの分野の話は今でも興味があります。
ただ、ゲノム情報が直接役に立つのはまだ先の話なのかなと思っていたのですがとんでもない!
かの有名なSteve Jobsがゲノム情報のおかげで延命できていたというエントリーがありました!


Wmの憂鬱、次世代ゲノムシーケンサーが急速に大衆化【個の医療メール Vol.408】


ジョブズ氏のゲノムを解読したのは米MITのブロード研究所、その解析成績に基づき、標的医薬の選択と治療方針を決めたのが、米Stanford大学、米JhonsHopkins大学、そして米Harvard大学の医療チームでした。(中略)。すい臓がん再発患者としては異例の延命を実現し、新型iPHONEやiPADなど、熱狂的なファンを持つ製品を世に送り出すことができました。


上記のようにJobs氏はゲノム情報を生かした治療により異例の延命を可能にしたとのこと。
もちろんこの記事だけではゲノム情報がどれだけ効果的だったのかはわかりませんがこのような活用が事実なされたというだけでも私は驚きました。
やはり研究は単に研究成果というだけでなくこのように実用化されてこそだと思います。


記事でも書いてあるようにヒトゲノムの配列解読はお金持ちしか出来ない技術ではありません。
私が学生時代のときは1人のゲノムを読むのに億単位のお金が掛かりましたが次世代シーケンサーの登場によりいまや1000ドルゲノムも夢ではない(すでに実用化されている?)時代となりました。
ただし、単に「ゲノム配列を読む」ことと「ゲノム配列情報を活かす」ことは全く別物で、後者は非常に専門的な技術がいります。
恐らくそこにまだまだ莫大な費用がかかるのではないかと思います。
しかし、だからといって「お金持ちの技術だ」と批判すべきではありません。
お金のある人にこういう技術をどんどん使ってもらってノウハウを蓄積することで必ず還元される日はやってくるものです。
そういうシステムに強いのがアメリカだと思うのですが日本の医療制度ではまだまだ先のことになりそうですね…。
っとなぜか暗い方に行ってしまいましたがとにかくゲノム技術の医療活用はこれから非常に楽しみな分野になるでしょう。
1000ドルゲノムが一般に実施されたら早速私も試してみたいと思います!
スポンサーサイト
13:43  |  研究  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/775-562b83d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。