*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.28 (Sat)

入り口の華やかさと出口の有無

私が参加しているプロジェクトは企業や大学・研究機関が多数参画しています。
そこで問題になるのが「知財権」です。
今回はそのことについて取り上げてみます。


私もまだ勉強不足でよくわかっていないのですが色々な機関が参加するプロジェクトではまず知財権が問題になるようです。
例えばプロジェクトの仕事をしながらある技術開発に成功して知財権を得るとなったときに、その知財権が本当にその機関独自のものかを判断するのは非常に判断が難しい。
なぜなら、そのプロジェクトを進める上でいろんな機関が参加しているので他の機関の結果を受けてその開発がなされた可能性もあるわけです。
だからこのように多数の機関で参加している場合、結果報告会などを完全に独立させて別々にやるそうです。
しかし、それぞれの機関で得られた成果を別々に扱うとプロジェクト全体としては非効率になり結局多数の機関が参画したメリットが得られません。
そのため多数参加型のプロジェクトは「知財権」と「効率」のバランスが非常に難しいのです。


私が参加しているプロジェクトはこの知財権をほとんど考えていないタイプのプロジェクトです。
全員が同じ場で各機関の報告を受けるので非常に効率を考えると非常に有用な形といえます。
しかし、ボランティアとしてやっているわけではないので当然各機関は何らかの開発に成功すれば知財権を主張します。
そうすると上記のややこしい問題が持ち上がるわけです。
さらに言うと、このプロジェクト全体で得られた最終的な成果はいったいどうするんだ?という根本的な問題も残ります。
参画機関の全体にそれぞれの貢献率に合わせて知財権を配分なんてしてたらとてもじゃないけれどその技術を使うことなんてできません。


というわけで国のプロジェクトでよくある「多数参加型の大型プロジェクト」は同様な問題を抱えているのではないでしょうか。
なので、例えば昨日twitterで見かけたこんなツイートを見ると首をかしげてしまします。

NEDO「ヒト幹細胞産業応用促進基盤技術開発」が本日告知されました。我々のプロジェクトは、初年度予算で約7億円。日本を代表する幹細胞研究機関・企業を結集した、稀有壮大なプロジェクトです。日本発・「幹細胞×ものづくり技術」の融合イノベーションの実現に向け邁進する所存です。


「日本を代表する幹細胞研究機関・企業を終結した」とありますが、そんなに終結させて得られた成果はどこが使うんだろう…と疑問に思うのです。
もちろんこの例に挙げたこのプロジェクトはその辺りをしっかり押さえてあるのかもしれません。
ただ、大型プロジェクトのほとんどがこの辺りを押さえ切れていないという話を聞いたこともあります。
日本は技術力はあるけれどそれをビジネスに出来ない理由はこういったところにあるのではないかと感じました。


技術をビジネスに変えるのは海外メーカーの方が強いというイメージです。
それを裏付けるように、うちのプロジェクトをとある海外メーカーの方に説明したところ知財権をどうするのかという質問を最初にうけました。
それに対してプロジェクトリーダーは「確かにそこが難しい」などと答えになっていない答えを返していたのをこのエントリーを書いてて思い出しました。


そんな経緯で、最終的な出口を考えずに動き出すのは非常に愚かなことだと学びました。
スポンサーサイト
09:35  |  仕事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/757-c29691dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。