*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.18 (Wed)

ニュータイプ

世の中に能力の高い人っていうのは沢山いると思います。
だけどこの2人は単純に能力が高いってだけでは割り切れない人達です。

その2人とはホリエモンこと堀江貴文さんとひろゆきこと西村博之さんです。

この2人は世間的には悪いイメージで名前が知られている方々だと思います。
ただ、その原因は「普通の感覚では測りきれない合理性」にあると考えています。
人並み外れた合理性は人並み外れた「正論」を生み出すので人の感情を逆撫でるのです。
そのためかつては私自身も悪いイメージを持っていましたが今は非常に興味深い人達だなという印象に変わっています。
そんな2人は色々本も出ていますがこちらのYoutubeに素晴らしい番組があったので是非紹介したいと思います。


異常な鼎談 ホリエモン  前編1/3


異常な鼎談 ひろゆき 前編1/3


この番組は是非最後まで見て欲しいです。
私は本当にこの2人が全然つかめなくてそれが本当に面白いんですよ。
堀江さんはすっごい合理的な考え方をするのに反面やたら熱い部分もある。
ひろゆきさんはすごく普通っぽいのに同じくやたら合理的で人間味を感じなくてむしろ怖さがある。
ニュータイプという言葉がピッタリ当てはまるような存在です。


尊敬するとかそういうタイプではないけれど能力の高さをビンビン感じます。
だけどある意味で反面教師でもあって、普通の人はこの感覚にはついてこれないでしょう。
そんでもって会社というのは普通の人で動いているもので私自身もその一員です。
だからその合理性を見習いつつ、それをどう現実の人が動くシステムに落とし込むかが大切なんだと思っています。
合理性と人の感情はどこまでバランスを取ることができるでしょうか。
私が抱えている課題の1つになりますがその答えの一部が2人にあるような気がして最近特に気になる2人を紹介しました。
スポンサーサイト
23:03  |  その他  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/755-fe0e02c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。