*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.04.07 (Thu)

素直さという部下力

新年度が始まり新入社員をちらほら見かけるようになりました。
私の職場は研究所なのでほとんどが私服ですが新入社員はスーツなのですぐにわかります。
なんとも初々しい姿は見ていて飽きないですね。


というわけで今回のお題は「新入社員に伝えたいこと」です。


新入社員は今頃は研修で鍛えられているところでしょうか。
名刺の渡し方から始まり、受け答えの仕方、PDCA、関連法務に関する勉強などなど覚えることだらけで大変です。
私自身は新入社員が身につける大事なこととして以下のことが挙げられます。


部下力


新入社員は基本的にまだ右も左も分からない状況です。
そんな中働いていくためには部下力を身につけていくことがもっとも重要だと考えます。
じゃあ私が言う部下力ってどういうものなんでしょうか。

部下力を構成する能力は探せば沢山あるでしょう。
その中でもまず最初に重要なことでその後もずっと武器になる能力は「素直さ」です。
この素直さという能力は一見単純ですが非常に大きな力を持っています。

例えば新米を指導するときに「~とするように」と教えたとします。
そこでいちいち口を挟むような部下はダメです。
気持ちよく返事をしてまずは教えてもらったとおりにやる。
この素直さが必要です。
こういう素直さは大きな武器となり相手の言うことを素直に聞くからどんどん吸収していきます。
そして教えるほうも素直にやってくれるからどんどん教えたくなります。
まさにポジティブな連鎖が生まれるわけです。
凄く簡単なようですが意外とこれが出来ない部下が多く、実際にそういう部下は大抵伸びません。


この様にまず最初の段階で素直さはその威力を発揮しますがある程度実力がついてからも重要です。
ある程度力がついてくると上司は部下を(ちょっと嫌な言い方ですが)試すようになります。
ある日突然上司からちょっと無理そうな仕事を頼まれるのです。
そんな時に「できない理由」を探しているような部下ではそこまでの人材です。
仕事を振られたら素直に「やってみます!」と言える
部下の仕事は「実行すること」でありできなり理由を探すような部下は認められません。
例え失敗したとしても実行したことが確実に力になっていくでしょう。


素直さを一番発揮しにくい環境は「望んでいない仕事」をするときだと思います。
日本の会社システムは多くの場合「専門家」ではなく「なんでも屋」を育てるものです。
なので例えば研究がやりたいと思っても研究職に就ける人は限られた人のみです。
研究の中にも基礎研究や応用研究、工業化研究などその中身は多様ですが自分の意思はほとんど反映されないと思っていいでしょう。
下手すれば営業職などその性質が正反対の職に就く可能性もあります。
しかし、そのような場合にやりたいことができないと腐っていると周りは誰も助けてくれません。
特に手でも抜こうものなら「そういうやつだからこうなったんだ」と言われることが普通です。
こういう環境でも「とりあえず与えられた環境でベストを尽くそう」と素直に頑張ることができれば周りの評価も自然と上がり、いつか自分のやりたい仕事に就けることでしょう。


というわけで新入社員の人はとにかく目の前にある仕事をまっすぐに取り組んでください。
どんなに疑問に思うことでもまずやることで認められます。
意見を言うのは認められてからです。
将来リーダーとしてひっぱて行くためにも今は部下力を高めましょう。
スポンサーサイト
20:44  |  仕事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/751-fad5bcbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。