*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.03.15 (Tue)

もやもや晴れる

*mixi日記より転載

私は研究を生業として生活しています。
この研究というのは「未来を作る仕事」だという誇りをもっています。
反対に言うと今回の災害のような「今そこにある危機」に対して非常に弱いです。
そういう性質をもった仕事をこんな緊急時にやっていていいんだろうかという思いがありました。
私が現在職場としている研究所はとてつもない規模の施設です。
たしかその施設だけで1万人くらいの人がいるとかいないとか…ほんとかな?
とにかく大きいのですがそんな規模の施設を動かしたらもちろんとてつもないエネルギーが消費されます。
研究は「未来」に対して仕事をすればいいわけで、医療・インフラ・小売などなど「今」のために活動している人達へ資源を集中すべきだと考えていました。


そんなもやもやをずっと抱えていたのですが朗報です。
たった今上司から連絡があって研究施設そのものを閉鎖するというのです。
もちろん大事なサンプルとか実験動物とか止められないものもあるので最低限ということでしょうが非常に大きな判断だと思います。
被災地の研究者にとって今出来ることは無駄をなくすことぐらいでしょう。
私も今日は無理のようですが明日には岐阜に帰って1人分の資源を減らしたいと思います。
なんか、ほんとスッキリしました。


1人1人が出来ることの判断がいかに難しいかが今回の震災の教訓の1つだと思います。
例えば仕事1つでもそうで、微妙な被災地、例えば東京にいる人が現時点で働くかどうかの判断はとても難しい。
働くことは日本経済をまわすことで絶対的に必要であると同時に資源を集中すべきときに本当に準被災地で働くことが必要なのか。
私には正直分からないのでむしろ働くならエアコンはつけずにがっつり働く、働かないなら部屋に引きこもってひっそり過ごす、という明確な意思のもと動けば良いと思います。
それぞれの役割が何かを判断して非被災地なら思いっきり遊ぶこともむしろ奨励されるべきで自粛なんてとんでもないです。
非被災地では想いとは裏腹に出来ることは限られているので節電もしても大きな効果はありません。
ただ、節電して金銭的に節約できた分をすべて義援金に回せば最大限の効果がうまれます。
また、情報を集めて「義援金は規模の効果が大きい」つまりなるべく1点集中の方が効果があるとわかればなるべく大きな団体に募金するとより効果が生まれるでしょう。
*私も素人なのでわかりませんがとりあえず赤十字当りを狙っています
http://www.jrc.or.jp/contribution/l3/Vcms3_00002069.html
さらに阪神大震災で10兆円の被害ですから今回は桁が1つ上がって100兆円規模になると言われています。
そう考えると仮に日本人口1億×1万で1兆円でやっと1%です。
なので自分の懐具合と考えてどれくらい募金すると有効になってくるかも想像ができます。
ただし募金は絶対に無理の無い程度にしましょう、無理はする側もされる側も不幸にします。
幸い企業が億単位の義援金を発表していますし、有名人の方々もかなりの規模で義援金をだしています。


今回の震災では死傷者の総数は万単位になるということで本当に想像を絶する被害です。
日本の制度は不思議なものでご遺体の身元確認をしてから死亡者としてカウントされるためだいぶ遅いですよね。
復興にはかなりの月日が必要なのは明らかで個人に求められることも刻々と変化することでしょう。
そういう変化を常に捉えて雑多な情報に惑わされないことが今もこれらか先も普遍に求められることだと思います。
その一助となれるようしばらくは情報を発信し続けたいと思います。



*裏をとっていますが私自身の情報にも誤りがある可能性があるのでその場合は指摘してくれるとありがたいです
スポンサーサイト
12:48  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/746-7a9d83db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。