*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.22 (Tue)

縁は自分で作るもの

最近ネットでよく見かけるキーワードに「無縁社会」というものがあります。
話によるとNHKなんかが特集で番組を作っているそうです。
そしてwikipediaを見ると載っていました。


無縁社会(むえんしゃかい)とは、単身世帯が増えて、人と人との関係が希薄となりつつある日本の状況について、NHKによって2010年より放送された造語である。


この無縁社会についてネットでは批判的な意見を多く見ました。
そんな批判の中で一番まともだなと思ったのがこれです。



「無縁社会」を恐れる損得勘定


最近の「無縁社会」ブームは、古い「縁」だけでなく、新しい「縁」とも切れてしまった人たちが、強い不安を感じていることのあらわれかもしれない。ただ、タイミング的に不純な動機があることは否めないと思う。それこそ、若い時は自由を謳歌して、伝統宗教や信仰心まで破壊し尽くしてきた団塊世代が、いざ引退する段になり、都合良く「縁」を求めているだけではないのか。「共同体や伝統、信仰を守る気はさらさらないが、老後が心配なので社会が何とかしろ」というのでは、筋が通らない。


この「損得勘定」というキーワードはすごく腑に落ちました。
何故かというとそもそも私は無縁社会というものがピンとこないんです。
私自身もwikipediaにあるように独身で地元を離れて1人暮らしをしていますが孤独は感じていません。
それは帰れば家族や地元の友人がいるし、今の場所にも新しい友人がいるからです。
今までの出会いを大切にしていれば無縁になることなんてありえないと思うので無縁社会というキーワードは実感がありませんでした。
そしてリンク先の記事の損得勘定を読んで「今までの出会いを大事にしなかった人達」なんだろうなと思ったわけです。
リンク先の主張としてはその場その場で動いてるからこういう現状になる、と私は要約したのですがそれは出会いを大事にしていないことに繋がるんじゃないかと思ったのです。
仕事を辞めたら友人が誰もいなかったなんて私には想像もできませんが、仕事「だけ」やってきて友人を捨ててきた人にはありえるのかもしれません。
また、家族を一切省みなかった人にも反対にいつか家族に捨てられる日が来るのかもしれません。
そうやって場当たり的な人間関係を築いていった先が「無縁社会」なんでしょう。


私自身は自分自身の癖のある性格もあって私に対する好き嫌いがかなりはっきりしていると思います。
なので好意を持ってくれた人はなるべく大事にしたいしその場だけではなく期間が相手も会える機会をなるべく作りたいです。
そうやって人間関係を築いていくことが私にとっての「人生の幸せ」の1つの成分なんだと思っています。
もちろんなかなか会えない人も大勢いますがインターネットがあれば繋がりは保てます。
ネットが新しいコミュニケーションのツールになることを批判する声も多いですがまったく反対です。
このツールがなければなかなか連絡が取れない人もいるわけで非常に大事だと思います。
ツールなんてのは使い方次第なので使い方を知らない人がそれを批判してもあまり意味はないでしょう。


というわけで私にとっては「無縁社会」は完全なフィクションです。
ただし友人達の結婚ラッシュを見るとそろそろ違う縁も必要なのか…とも思いますが。
スポンサーサイト
19:51  |  社会・政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/742-6d947d13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。