*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.13 (Mon)

バイオの今

私の専門分野はバイオサイエンスですがこの分野での先進国といえばやはりアメリカです。
日本とアメリカの差は圧倒的であり例えばせっかく日本発の技術であるiPS細胞ですら勝っていたのはスタートだけで出てくる論文数は数年で一気に逆転されたようです。
しかし、それでもバイオサイエンスという複雑な技術はやはり先進国である日本において一日の長ありでしょうか。
IT分野のように先行投資も少なくてすむような分野はすでにインドなど所謂発展途上国の勢いがものすごいですがなんとかバイオ分野は踏みとどまっているようです。


というのが私の認識でしたが一気にこの認識が覆されました。


浦東の衝撃


著者はバイオベンチャーを経営する方で今回中国でのカンファレンスに参加してきたとのことです。
そして大きな衝撃を受けてきました。

本日見学をさせてもらったとある企業は規模は2000人。
そこには300人を超えるPhDがいた。
出てくるシニアなスタッフはみんなアメリカ帰り
その過去の経歴たるや凄い。
みんな名だたるメガファーマやジェネンテック、アムジェンなどの有力バイオテック帰り。
日本であんな会社はCROどころか製薬企業だって見たことがない。
話してみても優秀、優秀。
そして凄いのが、今の会社に入って3ヶ月、半年、8ヶ月とか
怒濤の採用ラッシュが如実に見て取れる。
毎週土日の朝晩は採用のための電話会議に忙殺されるそうである。
なぜなら雇用する人材はアメリカにいるからだ。
なんという雇用創出力であろうか、オバマも跪いて教えを請いたいだろう。
意外に多いのはシリコンバレーなどUSに家族を残して単身赴任で上海なんていう人達だ。



中国がアメリカにどんどん人を送っているということは聞いていましたがまさに今その実りの収穫時期ということみたいです。
ベンチャー企業を経営するような方なら当然ご自身も優秀だろうと想像しますが、そんな方が驚くほど優秀な人材揃い。
確かにもともとアグレッシブな中国人がアメリカの最前線で経験を積み、中国で同じクオリティーを半分の価格でやられたら誰も太刀打ちできないですよね…。


まあとにかく上海のあの勢いを見てしまうとシリコンバレーですら止まって見える。
ましてや日本はと言う感じである。
もし、日本がまだ中国に勝っていると思ったらその認識は改めた方が良い。
現在の姿は
上海>日本>中国
政府のトップはこの現状をせめて認識するところまではいっていて欲しいと思うがこれだけのパワーに太刀打ちする戦略を考えるのは容易なことではない。



あのシリコンバレーですら止まって見えるというのはどういう環境なんでしょうか…想像もできません。
正直この現実を知りさすがに焦りが出てきました。
確かに中国の技術レベルがグングン伸びてきていることは知っていました。
化学産業でもかなりのレベルのことが中国で取って代わっているため日本の同業界でもかなり苦しんでいるという話も聞いています。
しかし、バイオサイエンスの一番の稼ぎ頭である製薬業界は相当レベルが高いですからまだそこに食い込むことは難しいんじゃないかという勝手な思いがありました。
そしてそんな勝手な思いを全部吹き飛ばしてくれたこのエントリーに感謝します。
少なくとも上海はすでに日本を越えている、この認識は忘れてはいけないのだと思います。


そして何より共感したのがここです。


1社で出来なくても周辺企業を繋いでクライアント側にはあたかもワンストップのようなサービスを提供する。
これがサイエンスパークの設立意義で中国政府の頭のいいところである。
日本でもクラスタ作っているって!?
「隣は何をする人ぞ」的な草食系のクラスタなんていくら作っても無駄で時には共食いもするけれどハンティングのためには協力を惜しまないという肉食系のクラスタじゃなきゃ発展はできない。



私が現在関与しているプロジェクトは本来の目的として「オールジャパン」で海外と競うものです。
そのために様々な機関・企業が参加しており、1つのクラスタを作って良いものを作り上げるのが目的です。
しかし、内情はというと他人の出したデータには一切興味を持たずそれぞれが「わが道を行く」状態になっており「協力」という言葉からはかけ離れています。
私のような現場の立場でみるとうちの技術とあの技術とこの技術を掛け合わせれば必ず良いものが作れる、とわかっているのにそれができない歯がゆい状態です。
上記のような「肉食系クラスタ」の形成をしなければまったく意味がなく税金の無駄遣いをしているなというのが実感です。



ちょっと話がそれましたが今回紹介したエントリーのように日本の地位はいま急速に落ちているんだなと感じています。
次回はこのことに関連したまた別の話題を紹介したいと思います。
スポンサーサイト
21:55  |  社会・政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/727-d3e198b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。