*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.16 (Tue)

自分の為すこと

サラリーマンやそれを含めた研究者にとって大事なことは何でしょうか。
それは「自分が何をやったか」だと思います。
「思います」というより「思い知らされた」という表現が適切かもしれません。


私は特定派遣の社員として今の会社に派遣されています。
ですから当然私は派遣された会社の利益が最大になるような仕事をしなければなりません。
間違っても派遣先の利益を損なうようなことはしてはいけません。
そんなことは当然分かりきっていたと思っていました。
しかし実際には「恩と利益」に関して大きなジレンマを抱えていたのです。


そのジレンマとは「派遣先の利益を出すために派遣先の外でお世話になった人の利益を損なうかもしれない」というものです。
その方は同じプロジェクトの違うチームとして働く他機関の方です。
仕事を通じて初めてその方と知り合って以来というもの様々な面で助けてもらっています。
なんといっても今やっている研究分野にずっといた方なので素人同然で入ってきた私にはその方の様々な助言に大きく助けられました。
その恩に報いるために私自身も出来る限りのフォローを行ってきました。
そうすることで相乗効果を生み出し互いにとって大きな利益を生み出したと考えています。


しかし共同で行っていた研究を論文化するにあたり大きな問題が生まれました。
正直な感想として私は今やっている研究の最大の手柄はその方にあると思っています。
ですから当然1番手がその方で2番手が私だと思っていました。
その考えに何の疑いも持っていなかったのですが上司と話したところ相手方に対してかなり怒ってしまいました。

「こちらも大きく関与しているのになぜこっちが2番手なのか。こちらのデータは使うべきではない」

情けないことにこんな発言になるとはまったく想像もしていませんでした。
確かに組織としての利益だけ考えれば2番手になるというのは利益を損なうことになるのかもしれません。
しかし、こちらのデータとあちらのデータの両方を使わないとデータの質が下がるのでお互いにとって不利益です。
それでも別々にしなければならないのか非常に悩みました。
なにより恩人に対してそれでは申し訳ないという気持ちが非常に強いのです。
なぜならその方はむしろこちらのことを考えてよりよい形でデータを示すためにこちらのデータを「使ってくれた」からです。



今回の件はまだケリがついていません。
組織の利益をとるのか、恩人の利益を取るのか。
当然道は1つだと思います。
それは「意地でも両者に利益がある形に落とし込む」ことだと思います。
今回の件で非常に頑なになっている上司を説き伏せることができるのかわかりません。
ただ、ここで引き下がったらこの先の人生において大きなしこりを残すような気がしてならないのです。
恩を仇で返すわけにはいきません。
とりあえずあるだけの知恵を絞れるだけ絞って戦いたいと思います。
スポンサーサイト
22:16  |  仕事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/721-b7c0b9d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。