*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.03 (Wed)

転職と家族

気になる記事を見つけました。


妻の反対で転職のチャンスをつぶされました!


内容は要約するとこんな感じ。

大学時代の友人に影響されて転職を決意したAさん。
もともとこのままでいいのかという漠然とした不安を抱えていたのでそれを友人の成功に背中を押された感じ。
それを奥さんに話したところ反対に会い、結局転職はやめた。
だけど落ちたモチベーションは上がらず結局社内でも閑職に移動になった。
以来会社でも家庭でも居場所がない四面楚歌の状態である。



この記事に関するコメントではどちらかというと奥さんを支持する意見が多いように思います。
しかし、私はAさんを支持するというわけではないですが奥さんの発言で気になるものがあります。

それは

あなたの転職の話には、家族の将来が見えてこない。独り善がりな計画だ。

というものです。


ぱっと聞いた感じではすごい正当なことを言っているようですがすぐに疑問が浮かびました。
それはAさんには家族のために仕事を選択する権利もないのかというものです。
Aさんの賃金が下がることと家族の将来はそんなにリンクするものなのかと不思議でなりません。
賃金が下がることで生活レベルが下がるならばその分自分が働けばいいだけの話です。
子供が生まれたのを機に仕事をやめることはイコール家族としての収入が下がることを意味しますがそれはOKでAさんの転職がダメというのは「家族」のことを考えるというより「奥さん」のことをだけをさしているように感じます。
世の中には幾らでも共働きで子供を育てている家庭はあるわけで、それでも退職を決断すれば奥さんの分の賃金はゼロになります。
しかし転職なら減ったとしてもゼロにはならないし、潰れるかどうかはその時点で判断できないことです。


総じていうと奥さんの言う「家族」にはAさんが含まれていないように思います。


その他のことでは「今の会社でモチベーションを上げる努力をすべき」という指摘もかなりAさんに無理を言っているように思います。
「モチベーションを上げる」と言葉にするのは簡単ですが実際に行うのはなかなか厳しいでしょう。
もちろん1ヶ月とかそこらの話ならいくらでも機会はめぐってくるかもしれませんが、奥さんのいう「ルート」に乗っている限り変化は訪れないでしょう。
つまらないと感じる仕事をするほど苦痛はないのに専業主婦としてずっと家に居られる奥さんがAさんにここまで要求することは本当に「家族」として正しいあり方なのか疑問に思います。


ただし、1つだけ納得の指摘があります。

それは

あなたが会社から離れて何が出来るの?

というものです。

日本の会社のシステムは「専門家」ではなく「何でも屋」を育てるようになっています。
そのため何かの専門性のような分かりやすい「強み」が形成されにくく人材の価値のほとんどの部分を「会社のネームバリュー」が占めています。
もちろん1人でバリバリやれる人もいるでしょうがあくまで少数派であるということです。
ですからいざ会社の看板を外した際に「こんなはずじゃなかった」ということが多くあるそうです。
そういうわけで奥さんの指摘はかなり鋭いことは間違いありません。



というわけで「家族計画」という意味での批判には反対ですが「人材価値」という意味での批判は考える必要があります。
Aさんの人材価値はリンク先の文章からでは読み取ることができませんがそれなりに仕事ができるようです。
その仕事の出来方が「会社の看板を背負った状態のみ」なのかどうかが分かれ目といえそうです。
1つだけ言えるのは奥さんの一方的な反対により将来ではなく現時点で家族の方向性が悪い方に舵を切ったことだけは確かなように思います。
重要なのは互いの落としどころを探す努力を怠らないことのようですね。
スポンサーサイト
22:02  |  仕事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/720-35c9532f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。