*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.10.17 (Sun)

「個人」として「世間」のなかに生きるのは可能なのか?

今回は本の紹介です。
久しぶりの大ヒットなので是非読んでいただきたいと思います!

「空気」と「世間」 / 鴻上尚史





いつからでしょうか、ここ数年「空気」という言葉をよく耳にするようになりました。
一番典型的な使い方が「空気を読め」という言葉でしょうか。
そういえば「KY(空気が読めない)」という使い方はあまりしなくなりましたね。
それはともかくその「空気」とは何なのかを「世間」という言葉と関連付けて説明した本であります。


空気の説明をするために本書ではまず世間について掘り下げています。
この世間については阿部謹也という方が研究されていたようでその研究を引用しながら以下のように定義しています。

世間のルール1:贈与・互酬の関係
世間のルール2:長幼の序
世間のルール3:共通の時間意識
世間のルール4:差別的で排他的
世間のルール5:神秘性

このように定義した世間に対して空気は「世間が流動化したものが空気」と定義します。
流動化というとわかりにくいですが要は上のルールのうちいくつかを含んだ条件下になったときに「空気」が生まれると判断します。


このような流れで話が進むのですが私にとって非常にためになったのは「世間と社会」の対比です。
世間が上記のようなものだとすると社会の一番良い例が欧米のスタイルです。
世間に生きる日本人は常に上記のようなルールに支配されているため「個人」という存在がありませんが欧米では逆に「個人」が先立って存在します。
この「個人」が生まれる理由は自分の存在を「神」との対比により確認することから来るらしいのですがそこもとりあえず割愛します。
とにかくこの「個人が生きる社会」と「個人がない世間」という対比が私自身がここ数年で抱いていた違和感をはっきりと解決してくれたのです。


その違和感をシンプルに表現すると「自分はちょっと変わってるんだな」ということです。
こういう考えをここ数年で急に持つようになりました。
ここ数年というはつまり社会人になって会社で働くことになったことがきっかけだと思います。
学生時代までは「自分が変わっている」なんてことは思ったこともありません。
むしろ「一番標準的な考え方をする」という自負すらありました。
しかし、周りからは「変わってる」と言われていたのでそれが納得できませんでした。
その腑に落ちない感覚がこの本を読んですっと解消されたのです。
私に対する違和感の原因、それは私が「世間」ではなく「社会」で生きていたということでした。


上記したように社会では「個人」が重要になります。
世間では上記のルールが重要になります。
そして私自身がどちらを重んじて生きていたかと振り返ると確実に「個人」だと言い切れるのです。
まず贈与の互酬の関係という贈り物はお返しが前提になっているという考え方が一切考えられませんでした。
贈り物はプレゼントとして「渡したいから渡すもの」であり「習慣だから渡すもの」ではありません。

また長幼の序に関しても例えば部活・サークルで先輩だから敬うということはまったくありませんでした。
能力があれば年上だろうと年下だろうと尊敬しますが「先輩が絶対」という考え方には賛同できません。
なので高校でも2年生のときに顧問の先生に「先輩より自分の方がうまいんだから自分をつかうべきだ」と主張したり、サークルでも不要だと思える伝統は全て一新しました。

共通の時間意識というのはわかりにくいですが本書では「お互いに同じ時間を生きていると思うこと」だそうです。
その例として「親子心中で子供が助かったときに子供が残されたと表現するのは親子は共に同じ時間を生きるべき」という考え方や「長時間のダラダラ残業は同じ時間を生きているということを確認するため」とあります。
こういう考え方も私の場合はまったく理解できず、基本的にマイペースに自分の時間を使うタイプです。
それは自分勝手という意味ではなくお互いに今やりたいことを調整しあってその時のベストな配分で時間を使っていくべきだという考え方です。

差別的で排除的というのも私の信念である「多様性」、つまり違うことは当たり前だという考え方に大きく反するものです。
世間では「村八分」という古い言葉に代表されるようにルールに反するものを徹底的に排除します。
しかし、「個人」で生きる私には違う個人が違う生き方をするのは当然であり個人間の衝突があればそのつど調整をすればよいと考えています。

最後の神秘性も「しきたり」「伝統」「迷信」という例がありますがやはり相容れない考え方です。
論理的に説明できない事象をいつまでも大切にする理由は私にはわかりません。
というよりある人がその論理的に説明できない何かを大切にするのはまったく構わないし批判の対象にもならないのですがそれを他人に押し付ける気持ちがまったくわからないのです。
もちろん当人にとって押し付ける相手は「同じ世間で生きている人」なので他人ではないのでしょうけど。

このように「社会」で生きる「個人」が「世間」で生きる人の中に入れば当然「変な人」になるんだろうなとしっくりきたのです。


そしてそれは今の職場の部下に当たる子との違和感にも説明がつきました。
その子とは基本的に生きている世界が違うなという感覚をもっていたのですがまさに「社会」と「世間」の違いなのだとわかりました。
日本でも世間は弱まってきましたが田舎ではまだ根強いとあるとおり、やはりその子は田舎育ちで私には考え方がそこで固定されているように思います。
その子の特徴は「世間」で全て説明がつくので「社会」で生きる私と考え方が違うのは当たり前だったのです。
それをなんとかすり合わせられないかと試行錯誤しているのですがその方法の道筋がなんとなく見えたような気がします。
っと言っても具体的にはまだ何もないのですが「病気の原因がわかってホッとする」ような感覚とでも言えばいいでしょうか。


ここまで「個人」を強調して書きましたが私のなかに典型的な日本人としての部分も多く存在します。
その場の空気を読んで「その場で適切と思われる発言」をすることも多くあることは事実です。
それは苦痛ではあるもの、その場に適した「目的」を達成するためには必要な措置だと考えています。
そして、この本を読んで「個人」として生きながらなおかつ「空気」も読む自分の存在に理由がつけられた気がします。
それはこの「中途半端に世間が壊れた日本」で生きていく「最適解」だったのではというものです。
本書で出てくるアメリカの行き過ぎた「個人」の社会にも日本の「世間」の社会にも問題はあります。
だからその両者のバランスをとりながらなるべく「窮屈でない生き方」が私の生き方だったのかなと思っています。

これからは益々日本の「世間」が壊れていくことになるでしょう(本書では反対に一部はより強固な世間を構築する可能性があるとしていますが)。
もう少し生きやすい「社会」になっていくのかなとちょっと期待しています。
スポンサーサイト
21:46  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/714-dcaa6987
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。