*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.10.09 (Sat)

地域社会とは

次のニュースを読んで非常に驚きました。


大型店出店の規制強化検討=地域社会の秩序に支障-経産相


大畠章宏経済産業相は7日午前、大規模小売店の出店で地域の商店街が衰退している問題に関して「さらなる大型店の展開によって地域社会の秩序に支障が生じる」との認識を示した。その上で「規制を強化することが必要だ」と述べ、大規模小売店の出店規制強化を検討する考えを明らかにした。
経産相は懇談会の冒頭あいさつで「ひともうけしてやろうという乱暴な波に(商店街が)のみ込まれる感じがある。このまま放置すると地域社会が崩壊してしまう」と危機感を強調。「新しい地域社会づくりに再スタートする決意で進まなければならない」と訴えた。



大規模小売店の出店規制強化なんて社会主義以外のなにものでもないじゃないですか。
国が市場に関わりすぎるとろくな事がないと思いますがこれは本当にひどいですね。


確かに地域の商店街が衰退していることは事実だと思います。
私の故郷である岐阜も商店街はシャッター街になっているところも見受けられます。
しかし、それは誰もが知っていることですが「魅力がない」からです。
どう考えても買いたいと思えるようなものがなかったり交通の便が悪かったりと消費者に対してアピールする部分が何もありません。
さらにこういう状態にも関わらず営業努力する姿勢がまったく感じられないのです。
これでは衰退するなという方が無理でしょう。


そもそも「地域社会の秩序」って何でしょうか。
すごく曖昧な言葉でこういう言葉を使う人はずるいような気がします。
ここでいう秩序は完全に「商店街」の人だけを指しており、地域社会全体で考えたらより魅力ある大規模小売店の存在はとても良いことです。
そういう意味で考えれば魅力のない商店街がなくなり魅力のある大規模小売店が伸びるのは「秩序ある社会」のような気がします。
逆に国の規制で大規模小売店を押さえ込むこむことで魅力のない商店街がいつまでも続けられるのは「秩序ある社会」とは思えません。


さらにこの発言、「ひともうけしてやろう」というところにとても悪意を感じます。
儲けることを考えないで誰がリスクをとって新しく商売をするというのでしょうか。
むしろ商店街の人々が「もうけるきがなく」商売をしているならそっちの方が問題です。
そのような状態だからこそ魅力のない状態がまったく改善されないまま放置されてきたのではないでしょうか。


残念ながら日本ではこのような「もうけること=悪いこと」という考え方がはびこっているように思えます。
その代表例としてかつての村上ファンド事件での一審判決で「被告の『安ければ買うし、高ければ売る』という徹底した利益至上主義に慄然とする」とコメントが出たそうですがまったく意味がわかりません。
「安く買い・高く売る」ことを否定したら商売なんてできるわけないじゃないですか。
税金で生活している裁判官にはこのことが理解できないのかもしれませんね。
そんな裁判官が経済に関わる事件も裁くわけですからいつまでたってもこのような情況が直らないわけです。


とにかく地域社会にとって本当にあるべき姿が何かを再考する必要があると思います。
スポンサーサイト
09:11  |  経済  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/711-0c36b5da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。