*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.09.08 (Wed)

営業の精神

今回紹介するエントリーで初めて知ったのですが学生の間で「営業職」が負け組という認識があるようですね。


ソルジャー(営業職)採用は負け組なのか?


しかも「ソルジャー」って表現が面白い。
このソルジャーで思い出すのは映画「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」ですがそんなイメージなんでしょうか。
私の感覚では「営業」というと「花形」というイメージなんですがこの考え方は古いのかな。


この営業職に対する悪いイメージがどこから来ているかわかりませんが営業ができない人は「何もできない人」だと思います。
営業の精神は社会人の基本だしどんな立場にいても営業の精神が何割かの感覚で働いていないと成果はでないんじゃないでしょうか。
営業というのは形のあるものないもの問わず「何かを売る」職業なんだと思いますが、営業職以外もその「何か」に関わっているわけでそれを忘れていい仕事はできないと思います。
私のやっている研究職でも自分の研究対象の最終的なアウトプットの像がはっきり見えていなければ見当違いの方向に研究が進みかねません。
例えば、今の私の研究は「情報提供」が最大の目的になります。
ということは「情報」が売り物ということです(実際には売買しないような情況ですが)。
ということはその情報の買い手がいったいどんな情報を欲しているのかを理解することは非常に重要なことです。
自分としては面白いと思う研究成果がでても相手に「知りたいのはそこじゃない」といわれれば価値がなくなります。
そして最高の売り物は相手が想像すらしていなかった情報を研究から導き出すことだと考えています。
こういう考え方のプロセスが上記した「営業の精神」だと思うわけです。


こう考えると営業職というのは非常に難しいものだと思います。
相手が「〇〇を下さい」なんて言っている間は営業の本髄ではないでしょう。
問題を抱えている客を開拓して「うちの〇〇なら見事解決できます」と提示するのは非常に高い能力が必要だと思います。
そして実際に「お金」をゲットしてくるのは他ならぬ営業職でありこの強みはかけがえのないものでしょう。
こういう現状が学生には見えていないのかもしれません。
いや、もしかしたら実際の営業職もほとんどの人が「単なる物売り」に終わっているからこそそう映るのかもしれませんね。


私自身は研究職ではあるものアウトソーシングの研究者ですから営業精神は通常の何倍もいると思っています。
常に「自分を売る」精神で研究を進めていきたいです。
スポンサーサイト
21:38  |  仕事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/703-a1311fcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。