*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.08.29 (Sun)

インセプション

先月に引き続き映画を見てきました!

インセプション

ストーリー
コブ(レオナルド・ディカプリオ)は人が夢を見ている最中に、その潜在意識の奥深くにもぐり込んで相手のアイデアを盗むことのできる優秀な人材だった。彼は、企業スパイの世界でトップの腕前を誇っていたが、やがて国際指名手配犯となってしまう。そんなある日、コブの元に“インセプション”と呼ばれるほぼ不可能に近い仕事が舞い込む。
yahoo映画より


なんとなく時間が空いていたので見に行ったこの映画、とんでもなく面白かったです!
潜在意識に入り込むという情報は前もって知っていたのですが、インセプションということがどういうことかわかっていませんでした。
要は「刷り込み」とでも言うか、相手の潜在意識に入り込んでアイデアを奪うのではなくアイデアを「植え込む」わけです。
そうやって相手に気づかれないように植え込むことでそのアイデアをまるで「自分が考えた」ように刷り込ませることが今回の映画の目的です。


この映画の1番の魅力はこの世界観でしょう。
この世界観に1番近いものは「マトリック」だと思いますがあちらはアクション映画です。
あの映画の世界観をそのままサスペンス?いや違うな…どのジャンルかわからないけれど知的なバトルとして描いたのがこの作品です。
もちろんアクションも多いのですがそこに魅力があるわけじゃなく、色々と制約があるなかでいかにそれをクリアしていくかというとこに面白さがあります。
出てくる自分物も「設計師」「偽造師」「調合師」など漫画好きには思わずニヤリとしてしまうキーワードが入っているのも魅力的ですね。


いつも映画の感想を書いてて思うのはネタばれさせずに書くのが難しいのですが今回は特にそうだと思います。
とにかく内容が込み入っているんですが、それを見事に綺麗なストーリーとして描いているんです。
ただし、マトリックを初めてみて「?」だった人は絶対見ない方がいいとは思いますが、それでもわかりやすくなってる方だと思います。
特に「仮想現実」を舞台設定とした話ってマトリックス以降けっこう出てきたように思うので馴染みやすくなってるとも思いますし。
今回の場合は「夢」に入り込むのでマトリックスよりはむしろ分かりやすい部分がありますが、馴染みがある夢だからこそ「なんでそうなるの?」という部分は多々あります。
特に人の深層心理を他段階構造としてとらえて、それらの中で連続的に色々なことが起こるので非常に複雑です。
しかし、そこを理解するととっても面白くて、その階層間での連続したやり取りに上手さを感じてしまうわけです。


夏の最後としては最高の映画で締めくくれたように思います。
この映画はこの手の映画が好きな人はぜったいはまるはずなので是非見てください!
スポンサーサイト
23:49  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/698-45587d50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。