*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.07.27 (Tue)

借りぐらしのアリエッティ

映画「借りぐらしのアリエッティ」見てきました!
私は基本的にジブリは全て見ているので今回も逃せません。
しかも今回は最近のジブリにしては前評判が非常に高い作品でしたので期待大でした!


<ストーリー>
イギリスの女流作家メアリー・ノートンの児童文学「床下の小人たち」を、スタジオジブリが映画化。監督は「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」「崖の上のポニョ」で原画、「ゲド戦記」で作画監督補を務めた米林宏昌。企画・脚本に宮崎駿。身長10センチの小さなアリエッティ一家は、人間が住む家の床下で、さまざまな生活品をこっそり借りて暮らしていた。彼らの掟は「決して人間に見られてはいけない」ということ。しかし、アリエッティはその家に引越してきた少年・翔に自分の姿を見られてしまう。
映画.comより



感想は、とにかく映画の世界にすごい引き込まれてあっという間に終わってしまった、というものです。
最近の映画でここまでスピード感のある映画があったでしょうか。
もちろん実際に放映時間も短いのだけど(たしか1時間半くらい)蛇足がいっさいないためそれがスピード感につながったんだと思います。


今回は「小人」ということでしたが小人だけが移ってるときは小ささがきにならないのでほとんど普通の人間を見ている感覚とかわりませんでした。
それが普通の人間が現れると突然小さく感じて、その移り変わりも面白くさせた要因だと思います。
この小人達はなんというか映画冒頭から当たり前のように現れるのでそれが意外でした。
それがジブリらしさだと思うのですがトトロがいる世界が当たり前なように、小人がいる世界が当たり前だと思わせる世界観作りに成功していると思います。
人間にばれないように生活していますが「そんなことしてたら絶対ばれるだろ」とつっこみたくなるシーンも満載です。
そんなシーンを平気で作ってしまうからこそ小人をそのまま受け入れることができて、引き込まれたのかもしれません。


今作は公開後の評判も非常によかったですが最近のジブリのようなメッセージ性が弱かったことがよかったんじゃないかと思います。
「弱い」という表現は当てはまらないかもしれませんが、トトロをみて「宮崎監督はこういう思いを伝えたかったんだ」とかいちいち思いませんよね。
アリエッティも同じような感覚で、ただただストーリーを楽しみながら「トトロがいたらなぁ」なんて思うように「小人がいたらなぁ」と思って楽しめるような作品だと思います。


今回の作品はまさに「ジブリ会心の作」と評していいと思います!
まだ見ていない方はこの夏に是非チェックしてみてください。
正直、私はもう一回見てもいいなと思ってます(笑)
ちなみに音楽もいつものジブリのようにすばらしいのでそこも逃さずに!
スポンサーサイト
06:54  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/693-c49e631e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。