*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.09 (Wed)

新内閣

菅内閣が発足しましたので今回はそのことについて書きたいと思います。


鳩山内閣は泣かず飛ばずで結局支持率が一度も上がることなく終わっていきました。
沖縄問題しかり、政治と金問題しかりとなんとも的外れな行動ばかりして結局何もないまま終わって言ったように感じます。
もちろん「業務仕分け」という目玉もありましたがそこから財源を捻出することは到底無理そうです。
そんな鳩山内閣なのでむしろ引き継ぐ方はやりやすいかもしれません。
比較対象が低ければおのずと自らの評価は上がるというものです。
事実、支持率は70%弱とかなり高い数値ではないでしょうか。


そんな菅内閣の全容は私自身まだ見えていないのですが1つ気になることがあります。
それはやはり鳩山内閣同様「社会主義」の雰囲気がプンプンするわけです。
今日も朝のニュースで取り上げていましたが「増税」というのが1つのテーマになっています。
どうやら自民党は参院選のマニフェストで10%を明記する方向でいくみたいです。
その増税自体はありだと思いますがその使い方が問題で下記のようなサイクルを考えているようです。

増税→財源アップ→増加分を雇用創出に使用→さらなる財源アップ

というサイクルを考えているようです。
何が問題かって「雇用創出」をどう政府が主導するんだって話ですよ。
必死で働いてるのをむしろ邪魔しているのが今の政府の様々な規制なのにそこに気づいていないのがどうしようもない。
「政府主導で経済を立て直す」という時代錯誤の考え方からまず脱出することが日本経済にとって最重要なことはすでにいたるところで議論されていることに気づいていないのでしょうか。
そんな菅内閣に対する支持率が70%弱もあるっていうんだから国民もお気楽ですよね。
サンプル数が少ないですがニュースでの街頭インタビューで支持する理由が「はっきり意見をいってくれそう」とかまったく中身がないし。
何より、それが終わったあとのキャスターのセリフがとんでもなくて「内容はともかく期待できそうですね」ってどんなコメントだ!と思わず朝からつっこみました。
こういう国民が政治家を選んでる限りはいつまでたっても変わらないんでしょうね。
でも経済が沈んで嫌でも現実を見つめる日が来るとは思いますが…そうなる前になんとかなって欲しいものです。


色んな意味で「キレる」と言われる菅内閣が今後どういった政策を掲げるのか見守りたいと思います。
スポンサーサイト
22:28  |  社会・政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/682-68427797
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。