*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.10 (Wed)

会議の役割

怒涛の3日連続会議がようやく終了しました!
私の発表は2日目だったんですが疲れは1日目、3日目の方が大きいですね。
やはりずっと聞いているだけというのが一番疲れます。
もちろん必要なときには発言しますがやはり発表がないと話を聞き続けることになりますから。


それにしても日本人はなぜこんなに会議が好きなんでしょうか。
この会議は意味があるのか?と思うよなものもけっこうあると思います。
だけどひたすら会議をし続けますよね。
冗談みたいな話ですが、ある会社で「会議が長すぎる」という不満がでたので「どうやったら短くなるか」という議題で会議を開いたそうです(笑)
もう考え方がおかしいですね。


会議が無駄に長くなりすぎる原因は「会議の目的」をはっきりさせないことだと思います。
この会議では○○ということを決定する、などの明確な目的を参加者全員が共有する必要があります。
さらに時間をしっかり規定することも大事ですね。
しかし、多くの場合はこの2つがまったく守られていない状態です。
なんとなく現状報告を行い、問題点について焦点を絞ることなく思いついたことを並べその場で時間を気にせずダラダラと議論する。
そんな状況でよいアイデアが生まれるわけがないです。


フリスクのCMは面白いこと言ってますよね。
「アイデアが生まれる場所はどこですか?」
・ベット 22%
・公園 18%
・洗面所 7%
・トイレ 32%
・風呂 29%
・バス 17%
・ステージ 1%
・エアポート 4%
・プール 2%
・会議室 0%



さらに、例えば研究職なら多くの場合研究者同士の「雑談」から生まれるという話も聞いたことがあります。
そいういうリラックスした状況で思いつくままに話している状況がアイデアを出す適した環境ということでしょうか。


では会議の役割とは何でしょうか?
私の認識は「情報の共有化」です。
情報とは進捗状況などや問題点などかなり広義的にとらえた言葉として使用しています。
そうすることで「アイデアがでる土壌作り」と「トップが計画を立てる指針作り」の両方の効果があると思います。
そう、決して話し合う場所ではないということです。
もし問題点がみつかったらその場で話合うことはせず「明確な期限」を示して会議以外の場所で話し合うべきです。
そうでないと意味のない時間を会議に費やすだけでしょう。


会議に時間を費やす前に他にもっと時間を費やす仕事があるはずです。
全ての人に平等に存在する資産「時間」というものを大切にしたいものです。
スポンサーサイト
20:37  |  仕事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/652-5c90a3a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。