*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.07 (Sun)

アメリカの派遣

今回は「アメリカの派遣」の話です。

進む非正社員化

内容はアメリカの雇用状況についてです。
アメリカでも正社員ではなく契約社員として雇用に柔軟性を持たせようとしているとのことです。
そして、面白いのはそのような状況に対する評価です。

アメリカは「正社員」でも数年で転職するのがごく普通なので、労働市場の流動性は日本の比ではない。
しかし、それに対する論評は批判的なものではない。ネットを通じたネットワーキングはどんどん簡単になっている。
そのような状況で転職が増え、派遣のような雇用形態が広がるのは自然なことだ。


日本ならマスコミが即「市場原理主義の~」とか「株主重視の~」とか言って騒ぎ出しそうですがさすが経済大国アメリカといったところでしょうか。
自然な状況を自然なまま受け入れることが強さの秘訣のように感じます。

さらに下記のように続きます。

このような社会では個人の成功はたまたま勤めている会社ではなく、本人のスキルとそれに対する需要で決まる。
企業が従業員の雇用を保証する時代が終わることは、企業の命運に個人が巻き込まれないことでもある。
一つの企業で働き続けることが最も大きなリスクになる時代に変わりつつあるのだろう。


なんとも公平な社会だと思いませんか。
日本のような「新卒至上主義」で一気に採用して、たまたま不況などで就職できなかったりするパターンとは大違いです。
昨年・今年とだいぶ採用を絞ったそうなのでその世代の人たちはこれから相当苦しい経験をすることになるのでしょう。
そして日本で見られる「正社員はローリスク・ハイリターン、(一般)派遣はハイリスク・ローリターン」のような格差とはちょっと違うということです。



アメリカではさらに労働人口の流動化が進むということですが日本の場合はどうでしょうか。
私が考えるに日本の場合はさらに格差、すなわち「正社員と一般派遣」の差が広がるでしょう。
厳しい雇用規制がそう簡単に緩和されるとは思いませんし、正社員の椅子に座れている人たちは規制緩和に大反対すると思います。
そうなると政治的に「雇用規制緩和」を訴えることは非常に困難なのでそういう政治家は現れないか、現れても当選しないでしょう。
すると一般派遣社員は益々「正社員の雇用条件を守るためのバッファ」としての存在意義が強くなっていくと思います。
さらにある程度年齢を過ぎると「年功序列」で給料が決まる社会では正社員の道が完全に閉ざされていまいます。


さらにグローバル化の波は押し寄せる一方です。
賃金低下圧力は構造的な問題なので日本の政治だけでは絶対に解決不可能な問題です。
生産拠点が海外に移れば働ける人の分母が下がり、派遣どころか失業という最悪の状況に置かれる人々は益々増えると思われます。


なんだか考えれば考えるほど悪い状況しか思いつきません…。
幸いなことに自分は代替があまり簡単ではない専門職についていますが、こういった専門職と一般職(と表現すればいいんでしょうか?)の差は大きくなっていくのかもしれません。
これからの時代はまさに「個人の力」が鍵になっていくのでしょう。
少なくともはなから誰かに頼る発想ではもうやっていけなくなると思います。

最後に頼りになるのは「自分」であることを忘れずに日々過ごしていきたいです。



スポンサーサイト
11:58  |  社会・政治  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

★非正規社員ほど結婚難しい 男性は「正規」の2分の1…厚生労働省調査 - MSN産経ニュース

非正規社員の男性 正規社員と結婚格差1.8倍 : J-CASTニュース
http://www.j-cast.com/2010/03/18062548.html
非正規社員ほど結婚難しい 男性は「正規」の2分の1…厚生労働省調査 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/100317/sty1003172152005-n1.htm
時事ドットコム:「非正規」男性、結婚に困難=子どもの有無も「正規」と開き-厚労省
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010031700663
独身男性の結婚率、雇用形態が影 02~08年、厚労省調査 - 47NEWS(よんななニュース)
http://www.47news.jp/CN/201003/CN2010031701000711.html
greenshield |  2010年03月20日(土) 16:07 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/650-83518c25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。