*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.02 (Tue)

仕事に働かされる状況

今日はYahooニュースより。


ノーベル賞受賞者も実践! 究極の時間術「棚上げ・不完全法」


【日常カイゼンのコツ】
point1…わからないところは飛ばして進む
point2…不完全になる勇気を持つ
point3…いい加減を「良い加減」で使いこなす



まさにいつも考えている部分点法(今ネーミングしました)と同じで非常に共感したエントリーです。
「仕事」は「テスト」と違って曖昧さを多く含むと考えています。
そんな曖昧なものにたいして「完璧に対応しよう」と思った瞬間だめになるんですよね。
なので狙うは常に「部分点」であり、それを積み重ねることで最終的に「満点」となっていれよいというわけです。


だけど1つだけ耳の痛い話がありました。
それは

「デキる」人間は休暇の残りで仕事を組み立てる

という部分です。
仕事をする上で効率よくやろうと思っては居ますが現在の状況は「休暇の残り」とは言いがたい状況になっています。
なんというか「仕事の残りで休暇を過ごす」といった表現がピッタリです。
そして多くのサラリーマンが同じような状況なのではないでしょうか?
物理的な問題だけではなく精神的な問題として「仕事の残り」という感覚で土日を過ごしているように思えます。
そして、そんな状況に「仕事が充実している」と満足している人も多いと思いますがもれなく私もその1人です。
しかし、心のそこでは今の状況が正しいと思っていません。
確かに「忙しい時期」ってのはどうしたって存在するけれど、そん中で優先順位を考えながらしっかり仕事を組み立てることが必要だと思っています。

仕事に支配されるんじゃなく仕事を支配する

そんな風に働きたいと改めて思いました。

著者は火山の研究者で温泉を楽しんでいるようですが、幸いなことに私にも「音楽」というかけがえのない趣味があるのでたっぷり楽しみたいと思います。
スポンサーサイト
22:48  |  自己啓発  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/648-990cfc6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。