*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.24 (Wed)

Q&A:第三弾!

「Q&A」シリーズ、第一弾第二弾に続き第三弾です。



◆派遣を長く続けていると、何か+αのようなもの(例えば頼まれて いないことまで気を利かせて実験しておく、など)も求められるので しょうか?
う~ん、これは普通のことではないでしょうか?というより業務のメインが「研究開発」の場合は具体的な指示はでません。「自ら考えて自ら行動する」のが研究職の基本です。そして、全体の業務に対してプラスになることがあればどんどんやっていく。そういう人材が評価されると思います。誰に何を言われるでもなく「恐らく上司はこういうことを望んでいるんだろう」と察することはサラリーマンに必須の能力です。


◆また、熟練者にはどういうことが求められますか?
熟練者という存在をどういうレベルに捉えているかが難しいところです。なので最高レベルの熟練者なら「派遣先の社員を指導できるレベル」でしょう。それには幅広い経験以外にも人としての基本的なスキル「コミュニケーション力」などが当然必要です。また、逆に本当に高すぎる場合では「とにかく1人で仕事ができる」のみを追求する場合もあります。私の知っている最高レベルの例ではアメリカのNIHで研究していたような人がメーカーで派遣されて働いていた、というのを聞きました。その方ははっきりいって人格的には最悪だったそうですが、どんどん論文だすし上司も一切口出しできない研究開発力だったそうです。ただし、後者の場合は極端に高い能力が求められるのでやはり幅広い知識とマネジメント能力が必要だと思います。


◆また、熟練者ほど短かい派遣期間で派遣されるという場合も あるのでしょうか?
そういう場合もないことはないです。私の知っている例では某化学メーカーが「たぶん無理だと思うけど1年間だけ挑戦してほしい」といったような依頼をしてきたそうです。ただ、実力と期間はあまりリンクしていないような気がします。


◆派遣という働き方がなくなる(法的にでも、そもそも必要がなくなる) 時は来るのでしょうか?
それは可能性としては当然あります。そもそも外国では「派遣って何?」という状態です。その原因として「労働力の流動性が高い」つまり「正社員の首を切りやすい」ことがあげられます。正社員の首を切れるのにわざわざ「派遣」という業種はうまれませんよね。逆に日本は世界でトップレベルの「正社員の首を切りにくい国」なので派遣がうまれました。首を切れない以上正社員を雇うということは長期的にみて「2,3億の設備投資」と同じであり安易に雇うことはできないからです。しかし、今の不景気が続きグローバル化の波を受けて日本の雇用規制が法的に緩むことがあれば派遣という職業はなくなるかもしれません。しかし、特定派遣の場合はそのときには転職すればいいだけの話なので問題はないと考えています。


◆仮にそういったことがあるとすれば、それまでにしておくべきことは ありますか?
大事なのは「今の場所にずっといる」なんて前提を忘れることです。常に「自分が転職市場に放り出されたら価値はあるのか?」を問い続けスキルアップを続けることです。


◆僕が先日説明会に参加した企業の初任給は23万円でした (博士卒)。この値は低いほうですか?高いほうですか?
特定派遣なら適正レベルだと思います。初任給は会社によってそんなに大きく違わないので業界が同じならどこもその程度でしょう。高いレベルを目指すなら迷わず「製薬」に行くべきです。


◆特定派遣の業界で、一般的な給与は30才、35才、40才ではどのくらいですか?
これはわかりません。ただ、メーカーとは違うので単純な年功序列での給料を考えない方がよいでしょう。○歳になったから○万円もらえる、という考え方はしないほうがよいということです。今の時代はすでに給料上昇カーブが昔とは大きくことなり30代半ばくらいで能力によりだいぶ賃金格差が生じているようですので「能力次第」というところでしょう。


◆派遣先で派遣期間が終わるまでに結果が出せなかったとしたら、 または期間中にクビなどされたらどのような処罰が待っていますか?
処罰というのは聞いたことがありません。ただし、今の不況のせいで派遣されていない期間が長引くと査定にかなり影響する会社もあります。


◆一般派遣では法の改正がからむ問題が多くあります。特定派遣 においても法律で定めてもらいたいほど劣悪な労働環境があったりしますか?
法的な問題は感じたことがありません。また、労働環境は派遣先によってだいぶ異なるので一概には言えません。


◆就活する上でどのくらい気にしておくべきなのでしょうか?
この質問は聞きたいことがわかりません。


◆特定派遣(特に生物系!)を行なっている企業は全国でいくつ くらいあるのでしょうか?
数えたことがないのでわからないです。就活サイトで検索した方が早いと思います。


◆また、それらの評価サイトなどはありますか?
見たことがありませんがまずないと思います。


◆特定派遣を志望するに当たり、参考となる文献・HPなどは ありますか?職種としてはかなり狭くなってしまうと思いますし、 実際、『人材派遣業界とは』という本は広すぎてこういう働き方も ある、程度にしか書かれていない気がします。 管理人さんのHPでリンクを貼っている『poco a poco』さんも 参考にしています!
Poco a pocoさんは私もだいぶ参考にしました。しかし、他に参考になるものは見つかっていません。それほど知れ渡っている職業ではないということです。


5年後、10年後の自分のストーリーが描けません。管理人さんは 就活しながら今後の自分を想像できましたか?
まったく想像していませんでした。というと大げさかもしれませんが10年後なんて考える必要はないと思っていました。理由は簡単で「10年前の自分は自分が今のようになるなんて想像もできなかったから」です。だからこれから先の10年も想像を超える自分になっていると思います。願わくばよい意味で。

就職した今思うのは「実際に会社にはいらないと絶対わからない」ということです。なので「自分に性分にあってるな」と思った会社を選んでください。就活時、私はメーカーからも内定をいただき中には大企業もありましたが「あんな保守的な環境に入ったら自分は絶対に窒息する」と思いこの世界にはいり、その選択は正しかったと思います。ちなみに、上記したことは「先のことは考えるな」ということではありませんよ。学生から社会人への変化は大きすぎるので少なくとも今は想像できないことは仕方がないのでまず会社に入ってからその後の戦略を考えてもよい、という意味です。



以上になります。
すべてのケースを網羅できているわけではないので「これが特定派遣業会のすべてだ!」というわけでは全然ありませんが一部分を切り取ってみました。
様々な人の参考になれば幸いです。
スポンサーサイト
08:02  |  特定派遣  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

★「第三弾」ありがとうございます!

>アメリカのNIHで研究していたような人
いろいろな意味ですごいですね…。
いくら研究が出来たとしても孤立はしたくないです(笑)

>「派遣先の社員を指導できるレベル」
ここまでなるには派遣先の業務内容を隅々まで知っていないといけないですね。
でも憧れるところもないわけではないですが。
自分の価値観と相談してそれを目指すのか、あるいは別のところを目指すのか、考えてみようと思います。

>「自分が転職市場に放り出されたら価値はあるのか?」
ドキッとしました。寄らば大樹の陰、という意識がまだありました。
>「今の場所にずっといる」
という前提はメーカーでも派遣でも通用しないということなので、それを考えると派遣の方が良いと思いました。
もし自分から転職したくなったときも派遣の方が動きやすいとも思いますし。

てっしさんが将来の自分を想像したことがなかったのは驚きました。
相当しっかりした考えを持っていて将来設計も万端だと思っていましたので(もちろん就活をしている時点で、です)。
それと最近思うのは、職種によって5年後、10年後も変わってきますよね?
メーカーだとある程度個人により異なるところもあるでしょうが、雛型があって、それに合わせなければいけないという(悪い意味での)印象も感じます。
もちろん良いこともあると思いますが。
そういう意味では派遣の方が合っていると思いました。
ただ如何せん内定をもらっていない以上何も言うことができない…。
苦しいですが、確個たるものを自分の中で作って、面接では思っていることをぶつけてみようと思います。
maro |  2010年02月24日(水) 14:38 | URL 【コメント編集】

★学生時代とはやはり違う…

就活しているときは「大好きな微生物が触れるところがいいな」という程度の思いしかなかったんです。
それで実際そういうメーカーから内定をもらったんですが、何か違うな…と。
そして思ったのは会社を選ぶ基準というのは「社会とどう関わるか」ということだと思ったんです。
散々悩んだ末に今の仕事に決めました。

職種によって変わる…本当でしょうか?
中小企業から大企業に転職する人もいる、大企業を辞めて独立する人も居る、派遣先から誘われてメーカー(規模問わず)に行く人もいる、技術職についたのに年齢が経過したら技術営業にまわされる人もいる、研究職に就いたのに生産部門に行く人もいる。
言い出したら切りかがないです。
そんな不確かな未来を今から考えるのではなく「今をしっかりと生きる」ことが大事なのでは…と思っています。
もちろん「目標」という意味での未来に対してはしっかりと準備を整えますが今現在も未来への途中経過ですからね。

「派遣」を選ぶということはいわば「厳しい道」を自ら選ぶということなのですばらしいことだと思います。
是非残りの就活もがんばって下さい!
てっし |  2010年02月24日(水) 22:25 | URL 【コメント編集】

★ありがとうございます。

就活がんばります!

ところで、
>「社会とどう関わるか」
についてぜひとも詳しく聞きたいのですが。
てっしさんは社会とどう関わりたいと思って入社先を決定したのか、
また、現在はどう関われていると思っていますか?

そして、また質問したいことが出てきましたので、一点だけ質問してもよろしいですか?

◆第二弾のエントリーで、
>「規模の大きさ」が1つの目安になると思います。
とおっしゃられていました。
まだ企業を並べて比較したことがなかったです。
今後早急にやらなければいけないのですが、どのように目安を考えたらいいのですか?
maro |  2010年02月25日(木) 21:24 | URL 【コメント編集】

★遅くなりました…

このコメントに答えを返していないようだけど…その後どうしたんでしょうか?
全然記憶にないので今更ながらですが答えておきます!

規模の大きさの目安はその会社のHPを見れば売り上げやら支店数やら資本金やら色々な情報があると思います。
上場してるなら株価も大事ですね。
上辺しかわからないですがそういった情報も活用していきましょう。

社会とどうかかわるかについては重い題材なので改めてエントリーを立てることにします。
てっし |  2010年06月18日(金) 23:41 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/645-41f67e80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。