*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.20 (Sat)

Q&A:第二弾!

今回は前回に引き続き「Q&A」の第二弾行ってみます!

今回は前回エントリーのコメントにあった質問に答えてみます。


◆メーカーにおける『かなり幅広いスキル』以上に 派遣には能力が求められるのでしょうか?
それとも、能力が高い人はいくらでも必要で、そういう能力が高い人が必要なだけに派遣を雇う、という認識でよろしいですか?
まずほとんどの場合「ずっと現場に残り続ける人」は多くないですし、多くなることを会社は望んでもいません。
なぜならやはり研究開発という業務の性質上「新しい風」が常に必要になります。
ずっと同じ場所にいるとどうしてもアイデア等が凝り固まってしまうため人材を新しくする必要がかなりいるのです。
ですから「かなり幅広いスキルを持った人」というのは「今までの経験を基に新しいアイデアを現実のレベルに引き上げる」効果があるといえるでしょう。
派遣が必要な場合というのは基本的に「その会社にない能力」がほしい場合です。
それは単純な労働力としての場合や高度ではないけれど出来る人がいない場合、さらには高度な能力を求める場合とさまざまです。
結論を述べると「ケースバイケースで求められる能力は異なる」ということなので単純に能力うんぬんで派遣されるかされないかは決まらないかもしれません。
ただし、歳をとってるのに高い能力がない場合はもう先がないと言い切ってもいいと思います。




◆もし仮に、じじぃとフレッシャーで出来ること、スキルが全く同じ であったとします。その場合どちらが使いやすいのでしょうか?
それは当然フレッシャーでしょう。
理由は簡単、同じ能力がほしいなら「安い」方がいいに決まっています。
特定派遣会社なら「能力でお金が決まるはず」と思うかもしれませんが、派遣されるメーカーは基本的に「年功序列」なので派遣会社に支払う料金は当然年齢が上がると高くなる可能性は大きいでしょう。
それを考えれば「同じ能力で安くて若い人材が使えるなら当然そちらを使う」という結論は至極当然と言えます。
というか年齢が上がってフレッシャーと同じ能力なら「努力不足」としか言えませんね。
もちろん、若くてむちゃくちゃ能力が高い人もいるかもしれませんがそういう例外はあまり考慮しない方がいいでしょう。
しかし、唯一歳をとっていたほうが言い場合は「マネジメント」も含めてまかされる場合です。
マネジメント能力が若手と年寄りで同じ能力というのはちょっと想像できませんが仮に同じだとします。
同じだとしてもやはり「年下に指示される」よりは「年上に指示される」方がいいでしょう。
ですからこの場合は当然「歳をとっているほう」です。
ただし、マネジメントまでまかされるのはかなりの依頼なので普通程度の能力ではまずまかせてもらえないでしょう。



◆メーカーとは保守的なのですか?メーカーにおいても常に新しい ものを作っていく必要がある、と私は認識しているので、十分革新的だと思うのですが。「保守的」というのは今ある商品を長く続ける必要もある、と言う点で「保守的」という意味なのでしょうか?
おっしゃることはよくわかります。
日本では例えば車や家電など国際的に見てハイレベルな商品が沢山あります。
そんな中で「革新」をしないで生きていけるのか?そう疑問に思ったわけですね。
しかし想像してみてください。
例に出した家電や車の世界で本当の意味で「革新的」といえるものがあるのでしょうか。
よくよく考えてみると「今まであったものをよりよくする技術」というものに長けていると考えた方がしっくりくるのではないでしょうか?
例えば「革新的」という言葉がぴったり合うのはやはりアメリカという国です。
ここ何年かで「google」に代表されるように「今まで存在しなかった技術」でしっかりと世界をリードしています。
逆に「IT」の世界では日本の存在感はいっさいありません。
ひたすら「ものづくり」に執着し続け、国を挙げて保護してきた結果「新しい革新的な産業」を生み出せずにいます。
詳しくは私のblogの他のエントリーを参考にしていただきたいのですが、国が保護しなければいけない産業(エコ減税等)はもう「革新的」と言える分野ではありません。
「変わりたいけど変われない」それが今の日本の産業界と言っても過言ではないでしょう。
多くの分野で諸外国の追い上げに戦々恐々としているのが日本です。


ちなみに直接質問はされませんでしたが辞めることに対して「無理に引止めはしないし、本当に残って欲しければ報酬なり何らかの提示があるということですね」というコメントに対して補足します。
基本的に会社では「部下が辞めることは上司のマネジメントができていない」と判断されるので上司はかならず引き止めます。
もちろん法的に無理に引き止めることはできないのですが「お前にはこれから期待してた」とか適当なことを言う可能性は大です。
報酬を出して引き止めるのはかなり役職が上の人たちなので一般的な意味での報酬は上記したような「言葉での報酬」になるでしょう。
特定派遣の中で「社員が辞める」ということに対し管理する側がどのていど評価に影響しているのかは実際わからないのですが少なくとも「まったく引き止めない」というのはないと想像できます。
もしなければよほど「お荷物」と考えられていたのかもしれません。


こんなところでしょうか。
一応まだ最初の質問分が残っているので新しい質問は全部終わってからにしてくださいね(笑)
ただ、自分自身もこうやって書いていて改めて勉強になるので質問はガンガン受け付けます!
では近いうちに残りの質問に答えますのでしばしお待ちを。
スポンサーサイト
22:57  |  特定派遣  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

★ありがとうございます。

かなり認識が違ってますね…
質問して今更ながら恥ずかしくなってきましたが(笑)、
でもやはり質問してよかったと思います!

>ずっと同じ場所にいるとどうしてもアイデア等が凝り固まってしまうため人材を新しくする必要がかなりいるのです。
>派遣が必要な場合というのは基本的に「その会社にない能力」がほしい場合です。

想像していたことと違いました。
こういう実験をして欲しいと言われてその実験をするという単純作業
だけではなく、やはり『研究』と名の付くだけあって自分で考えて
実験を組む必要があるのですね。
特定派遣でも一般とほとんど変わらず、単に労働力を補充する
だけだと思っていました。
派遣先の社員でも出来ないことをやることが求められるという点では、
そこにやりがいを見出すことができると思いました。
常に能力を高め続けなければならない、という意味がやっと分かった気がします。
労働力の補充だけだと思っていました…。
一層気を引き締めて多くのスキルを吸収していこうと思います。
maro |  2010年02月22日(月) 14:58 | URL 【コメント編集】

★確かに

労働力の補充という意味合いの仕事はかなりの割合であると思います。
これがどの程度の割合なのか把握していませんが事実でしょう。
そして、同じように「自分で考える仕事」も当然存在します。
私は新卒で某化学メーカーに派遣されましたが、最初は指示通り動いていたものの「使える」と判断してもらってからは自分で考えて行う「研究」としての仕事も行いました。
どういったところに派遣されるかはタイミングもあるので「運」という不確かな要因は当然付きまといますが、運をチャンスに変えられるような「能力」はむしろ絶対にいるでしょう。
なんせもしチャンスを逃したら次いつくるかはわかりませんから。
てっし |  2010年02月22日(月) 22:34 | URL 【コメント編集】

★なるほど

>運をチャンスに変えられるような「能力」はむしろ絶対にいるでしょう

早く多くのことを吸収し、次の仕事をまかせてもらえるようにしたいと思います。
そして謙虚に、分からないことは分からないと言い、教えてもらえる
ことは教えてもらえるような(普通の)人間でありたいと思います。
ちなみに私事ですが、某特定派遣企業の筆記試験が通りました。
とある掲示板では「全通」と言われてますが、それでも安心しました。
あまり出来はよくなかったので。
今後の面接では教えていただいたことを発揮できるように頑張りたいです!
maro |  2010年02月23日(火) 10:24 | URL 【コメント編集】

★ちなみに

私が就活したときは某特定派遣会社に落ちました(笑)
いまだに落ちた理由がわからないのですが「落ちることもあるんだ」と逆に安心したものです。
特定派遣業は会社によってとにかく制度が違うので「規模の大きさ」が1つの目安になると思います。
ちなみに「とある掲示板」は極端な情報が多いので見ない方がよさそうですよ。

また近いうちに続きの質問もアップしますね!
てっし |  2010年02月23日(火) 22:19 | URL 【コメント編集】

★落ちる時は落ちるのですね…

やってることはどこも(派遣と言う意味で)同じなので、受かるときは全て受かるか、落ちる時は全部落ちるかのどちらかしかないと思いますが、その二択じゃないのですね。
確かに不思議ですね。
でもそこで安心できるのが、さすがというか、すごいというか、確固たるものがある表れだと感じました。

「とある掲示板」、見ないようにします(笑)
書いてる人とか、どこまで参考にして良いのか、微妙ですしね。
maro |  2010年02月24日(水) 13:55 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/644-2059680e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。