*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.07 (Sun)

フラガール、感動しました

たった今、映画「フラガール」を見終わりました。
映画館で上映されていた時は全然興味を持たなかったのですがテレビでやっていたので一応見てみました。
その一応がよかった。
はっきりいってとてもよい映画です!感動しました!

ではストーリー

昭和40年。
福島県いわき市の常盤炭鉱も、他の炭鉱の例にもれず閉山へ向けて加速していた。
石炭から石油へのエネルギー革命が押し進んできたためだ。
そこで炭鉱会社は豊富な温泉資源を有効利用しようと、レジャー施設・常磐ハワイアンセンター建設の構想を打ち立てる。
炭鉱町の娘・早苗は自分の道を切り開くためにダンサー募集に幼馴染の紀美子を誘って応募する。
都会から呼び寄せられたダンサー教師・平山まどかのもと、フラガールになるべく数々の困難を乗り越えて練習し、常磐ハワイアンセンターオープン初日を迎える。


ちなみにこの映画は実話を基にして作られたそうです。





これ以降だいぶネタばれがあるので見ようと思っている方は見てから読んでくださいね。





この映画はまさに時代の転換期のなかでの人々を描いた映画です。
石炭から石油へとエネルギーの転換が迫られ次々と炭鉱が潰れている。
常磐炭鉱でも大幅な人員削減の波が押し寄せ人々は戸惑うばかり。
「30年間勤めて最後は紙切れ1枚か!」と叫ぶ姿は今の時代にも通じるものがあるかもしれません。
そんな炭鉱を救うべく「フラガールズ」を結成して観光の街にしようという試みが始まりました。
しかし、今まで炭鉱の中で命がけで働いてきた人々にとってそれはあまりに受け入れがたいものです。

「裸みたいなかっこうで踊ってお金をもらうなんて考えられない」

厳しい環境の中生きてきた人たちにとっては踊りというものが仕事ではなく遊びにしか見えなかったんでしょう。
しかし、数人の女性達は「この環境から抜け出したい」と必死に練習を始めました。
その中の1人が主人公「紀美子」です。
紀美子は幼馴染に誘われただけなので最初は本気ではありませんが、徐々にのめりこみ必死になっていきます。
だけど残念ながら母親はそんな娘を受け入れることはできません。
その母親にとって女とは「命がけで炭鉱で働く男を支えるための存在」だったのです。
事実、父親は炭鉱の中で命を落としています。
その結果、紀美子は家を飛び出してそれでも必死に踊りの練習を続けていきます。

月日も過ぎて紀美子達は外に飛び出て踊りを見せるぐらいに上達しました。
そんなある日、引越しした幼馴染から荷物が届いたため母親がフラダンスの練習場をたずねてきました。
そこで母親は初めて1人フラダンスを練習する紀美子を見るのです。
そこで目にしたものは「遊び」と考えていたものとは全く違って必死に汗をかき真剣に練習する紀美子の姿だったのです。

話は変わり少し前にハワイアンセンターの建設のため「ヤシの木」を植えていました。
ハワイといえばやっぱりヤシの木ですよね。
しかし、寒い北の土地ですから暖房装置を使う必要があるのですが、どうも設備が間に合っていません。
そのため担当者がみんなに必死にストーブを貸してくれるよう頼んでいます。
だけどみんなは未だに観光化に抵抗があるためとりあってもらえません。
「こんな北の寒い土地でそんなもんできるわけないだろ」と担当者を足蹴にしています。


すると母親が各家を回ってストーブを集めているではないですか!
男達は困惑します。
「婦人会の代表者であるあなたがなんでそんなことするのか!?」
そして母親はこう叫ぶんです。


「今まで仕事つぅーのは、暗い穴の中で、歯食いしばって死ぬが生きるがで、やるもんだど思っでだ。だげど、あっだ風に踊って人様に喜んでもらえる仕事があっでも、ええんでねぇが?オラには、もう無理だげんど、あの娘らなら、みんな笑顔で働けるそっだ、新しい時代、作れるかもしれねぇって」



このセリフ、とっても感動しました!!!
泣けるシーンはけっこうある映画だと思いますが、このセリフは本当に琴線に触れるものでした。
このセリフを紹介したいがために必死でストーリーを掻い摘んで説明してみたんですが伝わったでしょうか?


このセリフは本当に深いですよね。
単純に娘の姿に母親が動かされて感動した、とかそんな浅いレベルではないと思います。
いつの時代も変遷の時期にいる人々というのは今までの価値観が崩れる非常に辛い時期を経験することになります。
昔は石炭が黒いダイヤモンドと呼ばれ掘れば掘るほど金になる、そんな時代でした。
しかし、月日は流れてその価値は目減りする一方であり村には閉塞間が漂っているわけです。
それでも昔のあり方にしがみつきたいと思ってしまうのが人間、というか生き物は基本的に保守的であり仕方ありません。
そんな中でも「新しい時代」を生きるために必死になっている人々が現れた、その象徴が「フラガールズ」だったわけです。
そんな背景が全部つまったセリフだったと思います。

そしてこのセリフは今の時代でも十分通用するものになりました。
急速なグローバル化にともない産業構造に大きな変化が生まれています。
しかし、「ものつくり神話」から脱することのできない日本は「IT」、映画でいうフラガールを受け入れられないでいます。
法律上は「検索エンジン」ですら違法って言うから本当に時代錯誤も甚だしい。
私のいる「バイオテクノロジー」の世界でも根拠のない「遺伝子組換えアレルギー」により貴重な遺伝資源は危機にさらされているといっていいでしょう。
iPS細胞も日本発の技術なのに今ではアメリカ:日本=10:1くらいの差がついているそうです。
またノーベル賞をとった技術「タンパク質の構造解析」も確かヨーロッパの企業に「産業レベル」で完全に成果をとられた模様です。


新しい時代に抵抗する人はいつの時代もいるようです。
しかし、抵抗を感じるだけならいいですが挑戦している人達を邪魔する行為だけは絶対にして欲しくない。
少なくとも今の時代は「大企業に入って安泰」なんてことは全くありません。
どこの業界も既得権を守ることに必死ですが、グローバルな競争の波を止めることはできないので守れば守るほど日本は沈んでいくようです。
そうならないためにも紀美子の母親のように気持ちを切り替えて叫ぶ必要がある。

「新しい時代が、作れるかもしれない」って。



本当に素晴らしい映画だと思います。
是非一度ご鑑賞あれ。
スポンサーサイト
00:32  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/639-26b620eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。