*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.12.20 (Sun)

大人の仕事

自分の強み・弱みをよく知るためには自分自身を知ることより周りにいる人の強み・弱みを観察した方が結果的には自分自身のことがよくわかる、と考えています。
そのため、自分の場合は新しい環境に入って新しい人に出会うとすぐに「この人は何が得意で何が苦手なのか?」を考えるクセがあります。
なんだか品定めをしているようですが、これが自分の力を発揮する重要なステップだと感じています。

そんな「品定め」をしてきた中で今の職場で初めて出会ったケースが「神経質」タイプです。
ただ、話を聞くとどんな職場にも1人はいるようなくらいいるタイプのようですね。
そんな神経質タイプについてうちの職場でも非常に困っているのですが、そんなタイプの弱点を紹介したエントリーを見つけました。


完璧主義を脱皮した人ほど、オトナになれる

私が会社員だった頃を振り返ると、完璧主義な人ほど、周りの皆がびっくりするほどあっけなく会社を辞めていくことが多かったように思います。なかには、途中からうつ気味になって辞めていった人もいます。
では、なぜ完璧主義な人はなぜ有能なのに簡単に会社を辞めたり、心を病むほど自分自身を追い込んでしまうのでしょうか? 端的にいえば、多くの仕事に完璧主義は合わないからです。
期末試験や受験勉強のように、限られた場面では「完璧主義」は有効かもしれません。しかし、仕事は想定通りに実行できるわけではないことの方が多いのものです。
予算や人員数、時間の限界、スタッフの能力の限界、会社の上層部や顧客の都合、タイミング……。このように、いくつもの壁に阻まれ、努力が水の泡になってしまうことの方が、成功の数より数倍も多いのが現実ではないでしょうか。



大学入学までの学校で行われるテストは問題として非常にシンプルです。
次々与えられる明確な問題に対して明確な解答方法があり、次々と型にはめながらクリアしていきます。
しかし、それ以降の問題は非常に「複雑系」になります。
そもそも与えられる問題が不明確であり、問題そのものを自分で定義することから始まります。
それに対して複数の要因を様々な方法を用いてクリアしていく。
しかも、そのクリアは決して100点である必要はなく時には60点を取ることが重要である場合もあります。
紹介したエントリーでもあるようにすべてを完璧にこなすのはもう不可能と言っていいでしょう。


これらのことは普通の感覚を持っている多くの人にはある意味当然のことです。
しかし、神経質な人々にとっては耐え難いことなんでしょう。
100点をとってしかるべき理想の自分とそれができない現実の自分とのギャップをどうしても埋めることができません。
このギャップから逃げずに見つめることができるようになるのが「大人になる」ということだとエントリーでは言っているのだと思います。
もしかしたら最近話題になった市橋も「親が期待する自分」と「現実の自分」のギャップを埋めることができずに苦しんだのかもしれませんね。
もちろん、それを理由に殺人を犯した市橋に対して同情することはできませんが…。


自分のタイプはまさに逆なんですが、まさにそこに自分の強み・弱みをみることができます。
完璧なんて言葉とは程遠い仕事の仕方をするタイプで、どの地点まで持っていけばいいのかをまず考えるタイプです。
100点を取る必要があるのか、60点程度でいいのか、そういうことの方がどちらかと言えば重要でそこに辿り着くまでの方法に執着がありません。
どんな手段でも最初に目的地として設置した場所に辿り着ければいい、そういう割り切りが自分の強みです。
そして、その割り切りが弱みにもなります。
はなから60点を狙っているものは60点を超える可能性がなくなるため「発見」を逃す可能性があるのです。
特に自分のような「研究・開発職」には致命的といえるかもしれません。
しかし、自分にそのような弱点があることは理解しているため、その解決策として「方向転換の判断を早める」という方法をとっています。
最初に60点を仮目標として設定し、そこに辿り着く過程で少しでも違う地点に行きそうならすぐに変更を行うわけです。
そのようにトライ&エラーを早めると素早く問題点が浮かび上がるのでより目的地の設定がクリアになっていくわけです。


さて、うちの神経質な人材はいつそのギャップを埋めることができるのでしょうか。
それともそのギャップを埋めることが出来ず去ることになるのか…。
ギャップを埋めた先の現実はそれほど悪くないんですけどね。
スポンサーサイト
12:41  |  仕事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/624-a64dc0b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。