*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.12.15 (Tue)

心技体

ずっと紹介したかったエントリーがあったんですが、ずっと忙しくて紹介できなかったので時間があいた今日紹介したいと思います。


能力主義とメリトクラシー


このエントリーでは現在の能力主義に疑問を唱えています。
自分なりの簡単な要約は

能力には単なる「技術」としての力と「意志」と表現されるような「心の力」があり、本来どちらも手に入れるべきなのに今の日本では「技術」にばかり目がいって「心の力」が疎かにされている

というものです。

そして、まだまだ駆け出しな自分ですがこれを読んで非常に納得しました。
っというのも大学で研究室にはってさらに社会にでてからこのエントリーでいう「右下な人達」、つまり「技術」にばかり目を向けている人間の多さを実感しているからです。
このエントリーではそういった人達をこう表現しています。

これらの人たちは、何かを比較的つつがなくまわすことは出来ても、環境の変化に応じて、色々なことを仕掛け、その新しい試み、変化、イノベーションのために関係するお客様や沢山の人たちを動かすなんてことはしない。そして何か分かったようなことだけを言う。それは組織にとっての本当の力にはならない。

まさにこの文章のままの人間です。
確かにある一定の仕事をただこなすだけならできるんです。
しかし、右下の人達は自分なりの表現をするなら仕事に対して「連続性」というものを一切感じることなくあくまで自分の手が届く範囲だけで仕事をするのが特徴です。

基本的に自分のスタンスとして仕事に関わらず何かアクションを起こす時はかならずそれは何かにつながりをもつ「連続性」を持ったものだと認識して行動します。
ことわざで言うところの「千里の道も一歩から」ってやつに若干近いと思いますが、ようはその一歩の先が見えているか見えていないかということです。
今しか見えていないと不満に思えることもその先を見据えることで意味のある事に変わると考えて行動しています。
身近な例を挙げると、例えば職場で幹事を任されたとします。
幹事といえばあくまで仕事外のことであり雑用とも言えるため力がはいらないかもしれません。
しかし、その幹事を行う際に飲み会にくる全員の都合を考慮しながら自分が考えられるベストの運びをした時にもしかしたら「あいつはなかなか気が回るんだな」と思ってくれるかもしれません。
これらの違いはやはり「心の持ちよう」が全然違うとこから生まれると思います。


少なくとも自分が目指す人材はまず左上「心の力」が充実している人材です。
紹介したエントリーで言うところの人を一つの方向にまとめあげ、それに沿って結果を産み出せる人こそ目指すべき人材です。
というのも自分自身の長所の1つが「他人の力を上手に使うこと」だと思っているからです。
昔から自分の能力というものに執着がなくて、どちらかというと「どんな手段でもいいから目的を達成させたい」という志向をもっています。
なのである目的を達する場合に「なんとか自分の力で」というより「これとこれとこれを組み合わせればなんとかなるな」と考えクセがあります。
これは決してやる気がなくて他人に依存しているわけではなく、自分という存在に縛られて目的が達成できないのが嫌なんです。
なのでもちろん自分自身のスキルは日々の努力で磨いていますが、当然足りない部分があるわけでそれを補うためなら手段はいとわないという感覚でしょうか。
そして、そういう手段を使うためには自分自身に「心」の魅力が足りなければいけないわけで、だからこそ「心の力」の充実は必須なんです。
まだまだ全然足りないわけですが…少なくとも目指す方向としては左上だな、というわけです。



普段からそう思っていたのでこのエントリーを読んだときは(若干の趣旨の違いはあるものの)方向性はよかったんだと嬉しく思いました!
そしてこのエントリーのきっかけが漫画「バガボンド」を読んだというのも強い印象を持った原因ですね。
恐らく「バガボンド」を読むと誰でも何か深く考えさせられる漫画だと思うので読んでない方は是非お勧めします。
話がそれましたがまずは左上を目指してそこから右へシフトしていく、そんな「心身ともに鍛えられた人材」を目指したいと思います!


スポンサーサイト
20:54  |  自己啓発  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/623-c1d0a723
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。