*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.11.03 (Tue)

アジの大群のような会社

漫画「ドラゴン桜」にはまったことはかつて書いたことがあります。
非常に内容が濃くて、このblogにてまとめようかと思っていたんですが挫折しました…。
要は「競争のなかで真面目に努力することが大事」ってことを言っています。
かなり端折ったまとめ方ですけどね。
本当、あの漫画を高校1年のときになぜ読まなかったのか(というかでていませんが)悔やまれてなりません。
自分が勉強に目覚めたのが中学1年の冬…だいぶ遅いですね。
なので基礎がしっかりしてないせいか中学時代はあまり点数は伸びなかったです。
理系らしく数学と理科だけで点数を稼いで後はボロボロってとこでしょうか。
んで、高校時代は勉強の仕方があってたのか一気に成績は伸びていきました。
でも英語ができるようになったぐらいで結局国語や社会は悪いままでしたね。
というか嫌いな科目は徹底的に勉強しなかったというか…あの頃は将来大学へ行く勉強の仕方をしてませんでしたから…。
好きな生物と数学の勉強を好きなように楽しんで、英語は何故かできるようになったんで8割とれれば十分で地理と国語は嫌いだからやらない!って子供か!と今の自分ならつっこみますね。
学歴は絶対あって困るものじゃないし、あればあるほど利用方法があるのであの頃の自分に読ませてやりたいもんです。


そして本題はドラゴン桜ではなく、ドラゴン桜外伝という位置づけの「エンゼルバンク」です。
ドラゴン桜が受験をテーマにしてるなら、エンゼルバンクは社会をテーマにしていると言っていいんじゃないでしょうか。
転職代理人という会社を舞台にして様々な問題、例えば転職・雇用・会社のシステムなどについて言及しています。
といっても色々学んだ今となっては?と思うことも多くありますが、それはそれで参考になります。


さて今回は最新刊である第8巻からとりあげます。
読んでいて一番興味深かったテーマが「どうやってリーダーに相応しいか選ぶ方法」です。
そしてそれは会議を見ていればわかるといいます。
自分の場合、単純なので登場人物と同じように「誰が仕切ってるとか意見を言うかで選ぶのかな?」と思いましたが違います。
なんだかわかりますか?折角なので少し考えてみてください。
ヒントは「無意識にしてしまう行動や発言に表れる」ということです。




正解は「自分の会社を「ウチの会社」というか、「この会社」というかの違い」です。
これってどういう意味かわかりますか?
これはつまり「当事者意識」をもっているかということです。
その具体的説明については漫画にゆずるとします。


この「当事者意識」を用いた人材の選別は非常に参考になりました。
そして、自分の今までのやり方は間違ってないんだなとまた1つ勇気をもらいました。
なぜなら、自分は昔から「うちの部活は…」「うちのサークルは…」「うちの会社は…」と言ってきたからです。
そして派遣先でさえ「うちは…」とまるで身内のように話しています。
これは派遣社員ならわかると思いますが、長く派遣先にいると本当にそこの一部になったかのような気分がするんです。
それはつまり「当事者意識」であり、あくまで主体的に自分が関わっていくという姿勢の表れの一部なんだと今回思いました。
派遣という仕事はその環境に長期間はいません。
特定派遣だと年単位がほとんどですが、それでも3年前後でしょう。
しかし、そうだからといってはなからそこを離れること前提で働いていたのでは仕事のパフォーマンスが確実に落ちます。

会社の問題を自分の問題のように捉えるから問題が解決するまで責任を持ってどこまでも粘る
(8巻より引用)

この姿勢が大事なんだと改めて学びました。
客観性ももちろん大事ですが、これはいくらでも学べることなのであくまで当事者意識が先だということです。


そしてある素敵な会社像も提案しています。


僕はね、会社をアジの大群みたいにしたいわけよ
アジの大群って一匹のリーダーが進む方向を決めてるわけではない
一匹一匹が自分で進む方向を決めている
それでも全体としてまとまりながらすすんでいく
それが僕の理想の会社さ!
誰かが敷いたレールに乗りたいやつはいらない
働くって自分で新しいレールを試行錯誤しながら敷くことなんだよ




まるで夢物語のようですが、いつか自分も自分で新しいレールを作ってみたいです。
そのためには今の与えられた環境を最大限に利用して成長していきたいと思います。




応援よろしくお願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
20:54  |  自己啓発  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/607-c6730125
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。