*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.10.14 (Wed)

30秒の芸術

先日横浜に遊びに行ってきたんですが、その移動に使った電車の中で気になる広告を見つけました。
自分はけっこう広告やらCMやらが好きで電車とかに乗るといつも見てるんです。
なんで好きかというと、広告やCMってスペースや時間がかなり限られている前提で作られているじゃないですか。
そんな限られたスペースでいかに人に魅力を伝えるかってところに全力を出している感じが好きです。


そして今日はなんだかグッときた広告を今日ググッて改めて調べてみました。


ひとの心を傷つけて
喜ぶ心さびしき者に
聞く耳はなかろうから、
中傷された君に言う。
蝿たちの集まりでは
蝶も「キモイ」と
陰口をたたかれるだろう。
心ない者たちのうちにも
自分と同じ美しさを探しつつ、
君はひとり、
大人になればいい。



特に「君はひとり、大人になればいい」ってところが素晴らしいですね。
たぶん自分の場合も子ども時代はけっこう変わった奴だったと思います。
だからたぶんかなり浮いてた時もあったことでしょう。
しかもそういう雰囲気にはすぐに気付くほうだから嫌な思いもしました。
だけどそれでもマイペースで自分が正しいと思うことをできたのは両親も同じく周りのことを気にしない人だったからの様な気がします。
これについてはまた機会があれば書くことにしましょう。


行きの電車で上の広告をみて、同じく帰りの広告では次のようなものを見ました。


万葉集には「恋」という言葉に「古非」や「古比」に交じって、「孤悲」と当てた歌もある。
なるほどいつの世もひとり悲しむものである。



読んでてしみじみ「なるほど」と思いました。


広告やCMってある意味芸術です。
たまにはいつも見ない広告やCMにも目を向けてみると面白いですよ。

スポンサーサイト
22:12  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/600-3a6f2bed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。