*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.10.07 (Wed)

創作仕事術

今日は仕事のお話です。

うちの上司は非常におしゃべりなので色々な話を聞きます。
そんな中でいわゆる「サラリーマンの仕事術」といった話も良く出てきます。

最近話したなかで聞いたものは

もし周りにうまくいきそうな奴らがいたらすかさずそれに乗っかかって恩を売り、ダメになりそうなら上手に逃げる、これがサラリーマンの出世術だ

といったものです。
これって前に紹介した「外資系で~」って本と全く同じこと言ってます。
日本の会社も外資系も基本は同じってことなのか…。
昔の自分ならたぶんこれを聞いて毛嫌いしそうだけど、今なら素直に「なるほど、確かに」と思ってしまいます。


こういう仕事術って大事だと思うんですよ。
そりゃ自分の力でガシガシ進んで結果を出して大成功!ってなれば一番ですがそんなわけには行きません。
自分の力で結果をだす努力はもちろん前提条件ですが、1人の力でできることなんて大概の場合たかが知れているもの。
自分の仕事も周りの仕事も全部巻き込んで、トータルとして仕事の結果を出すのがサラリーマンなのかなと思っている今日この頃です。


今の自分の小さな仕事術は「早く来ること」
当たり前じゃんって感じですが、それはうちの仕事場ならではの事情があるんです。
うちは上司がやたらと早く来ます、たぶん開始1時間前くらいかな。
でもメーカーとは違う派遣社員だけで構成された仕事場なんでそんなの気にしずみんな開始直前に集まってきます。
そこで、自分が朝30分前に来ると上司と2人だけになるわけです。
すると、例えば何か話したいことがあれば自分しかいないので自分に話しかけるし、仕事があれば自分に頼むし、と少しずつ信頼関係が築かれていきます。
もともと小さなことを見ない上司なので「アイツは朝早く来て偉いな!」とか思うような人ではないのですが、やはり仕事をこなす量が増えると自然と信頼関係が築かれてくるんです。
もちろん、頼まれた仕事はいの一番に片付けます!ここ重要!


そうやって築いた信頼関係は半年ぐらいかけてかなり強固なものになったと最近ヒシヒシと感じています。
ちょっと仕事があると必ず自分に頼むようになり、その流れでいわゆるおいしい仕事、例えば今の研究でメインとなるような問題について取り組ませてくれるようになりました。
ほんとおいしすぎる材料をメンバーの中で独占的に使える立場にあるのは非常に楽しいものです。


ちなみにこのテクニックは前の職場では使えませんでした。
なぜなら前の上司は一番遅く来るし無口だからです。
なので環境に応じて適切な対応を取る必要がありますが、このような柔軟性は特定派遣社員には必須の技術じゃないでしょうか。
環境に文句を言う前に自分が変わる、ってのは基本です。
こういった自分なりの「仕事術」をこれからも増やして「引き出しの多い人材」を目指します!




応援よろしくお願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
21:47  |  仕事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/598-970893b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。