*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.30 (Wed)

夫婦別姓賛成論

今日は久しぶりにニュースからのエントリー


夫婦別姓、首相は「まだその段階ではない」 法相と少子化相が連携


 鳩山由紀夫首相は30日夕、千葉景子法相が選択的夫婦別姓制度導入のための民法改正案を来年の通常国会に提出する考えを表明したことを受け、「法相としての思いを述べたものだと思う。これから閣議できちんと決めていく必要があるから、まだその段階まで至っていない」と述べた。

 夫婦別姓により、家族のきずなが損なわれるとの懸念に関しては「必ずしもそういう認識を持っていない」と語った。首相官邸で記者団の質問に答えた。



まだどうなるかわかりませんが、夫婦別姓が法案として通りそうな雰囲気がありますね。
ただし反対意見もかなり多いように見受けます。
あいかわらずYahoo!ニュースのコメント欄は批判的なものばかり。
もちろん「もっと先にやることあるだろ」というつっこみには同感しなくもないですが、上記のニュースにあるような「家族の絆が失われる」って勘違いもいいところだと思いませんか?


こういうまったく論理が通っていない批判はそこらじゅうで見られますよね。
日本人のなかには「みんな同じじゃないと嫌だ」という考えにとらわれている人がかなりいるようです。
「産みの親より育ての親」とは昔から言われていることで、そこには苗字なんて全く関係ありません。
名字が違うと失われる絆ってどんだけもろいんだ?と思わざるを得ない。


そして、何よりこういう批判する人間のなかには「女性は結婚したら名字が奪われるのは当然」と思っているのかと思うとぞっとするな。
昔の「家に嫁ぐ」って考え方が未だにずっと残ってるのかどうか知らないけれど、完全に今の時代にそぐわない。
今の時代は「個」の時代であって「家」の時代はとっくに終わっているのに。
少なくとも自分は自分の名前が好きだし、それは将来結婚することになる相手も一緒だと思う。
だから相手が変えたくないならそのままでいいし、変えたければそれもいいし、あくまで変えられる側の問題だと思う。
もちろん、自分は例えどんなに相手を想っていても名字を変える気にはならないからそのままです。


違う観点から言うと「選択が与えられただけなのに批判する理由がわからない」というもの。
決して「これから夫婦別姓にしなさい」とは言ってないのに、選択肢そのものを否定するなんて考えられません。
少なくとも自分は夫婦同姓にできる権利はそのままあるのに、自分の思想を押し付けて選択肢を奪うことが正しいことだと思っているんだろうか?



とにかく自分は夫婦別姓に賛成です。
これからは少しでも「偏った性別象」を消して、より「個」そのものを浮き上がらせるような社会になってほしいです。
あくまで性差は生物学上あるので、その差を活かしつつ「自分という存在を他のなにかのせいにしない」、そんな生き方を多くの人ができるとよいのではないでしょうか。
そのためにもまず自分自身がそうなれるよう努めたいと思います。
スポンサーサイト
20:59  |  社会・政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/596-b20a65e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。