*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.02 (Thu)

Connecting the dots

最近見つけた動画を紹介します。


Apple創始者・スティーヴ・ジョブスの伝説のスピーチ(1)


Apple創始者・スティーヴ・ジョブスの伝説のスピーチ(2)


和訳
原文


これは色々なところで高く評価されているスピーチみたいです。
ジョブズはここで3つのことについて話しています。
1.点をつなぐこと[connecting the dots]
2.大切なものとそれを失うことについて[love and loss]
3.死について[death]

自分はこの話を聞いて、最も重要なのは1のconnecting the dotsじゃないかなと感じました。
それぞれにストーリーがありましたが、結局はこれに集約されるんじゃないかと思うわけです。
そして、誰もがそういう人生を歩んでいるんじゃないでしょうか。
もちろん、中には子どもの頃からエリート街道まっしぐらで迷うことなく進んできた人もいるかもしれません。
でも恐らくそういう人生は少数派でしょう。
誰でも1度はこけたりつまづいたりしながら「現在地」にたどり着いて、振り返ってみると失敗だと思っていたことが今の自分を創ってくれていたりするものだと思います。
これは、自分にも当てはまることで、もしあの失敗がなければ今の自分はないんだと感謝する時もあります。

失敗したり、困難な問題に出会うとその時点ではとても苦痛に感じるはずです。
その時点では「なんで自分がこんな目に」とその運命を恨むこともあるでしょう。
しかし、時が流れて振り返ってみることで意味がわかるときがあります。
っというより流れてみないと意味がわからない、というほうが正確でしょうか。
なので、困難な場面に出会ったときは「これには必ず意味があるんだ」と信じることが大事ということでしょう。

それにしてもジョブズの人生は壮絶ですよね。
自分で作った会社に追い出されたと思ったらまた戻ることになる。
しかもiPodという世紀のヒット作を引っさげて。
ちょっとクールすぎますねww
まぁ実際にはもっとめちゃくちゃな人物だ、という評判もありますが結局結果をだしたもん勝ちでしょう。
アメリカはそういう国だと思いますし。

さて、日本も不景気の真っ只中であり、自分の所属する会社もなんだか偉いことになっています。
しかし、今までのくだりからするとこれには意味があるといことです。
例えば、好況時にはとりあえず数字がでるから問題があっても流れていきます。
しかし、不況時にはそうはいっていられません。
会社に抱えた問題を本気で解消する気で取り組まないと潰れてしまいます。
つまり、今こそ日本に抱えた問題に対して本気で取り組める時期だといえます。

さらに言えばこういうときこそチャンスがうまれます。
特に若手にとってはチャンスが多い時期でしょう。
つまり、頑張りがいがある時期でもあるわけです。


自分にとっても今年度、いや、数年は試練の時だということが最近はっきりしてきました。
しかし、こんな時こそジョブズのスピーチを思い出すべきでしょう。

connecting the dots

きっと、「今」に必ず意味が出来て将来へとつながっていくことでしょう。
そして明日は勝負の時です。
かならず将来へ繋げてみせます!





応援よろしくお願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
22:22  |  仕事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/531-b81a0bb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。