*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.12 (Thu)

人生へ投資

不況のせいか、最近はどの会社でもノー残業が推進されていますね。
職業柄いろんな会社の情報が入るのですが、けっこう会社によって対応は違います。


とにかく残業は認めず、社員全員を帰宅させる

ノー残業デーを決めて、その日だけは徹底して帰宅させる

残業は認めてないし、サービス残業もしなくていい、と言いつつも厳しくチェックはしない

基本的にサービス残業

というより、不況の前からサービス残業


ぱっと思いつくだけで、これだけ思い出しました。
この中で最悪なのはサービス残業ですね。
社員自ら進んでサービス残業する会社も多いでしょう。
しかし、そもそも残業は本来会社のためにならないと思います。
もちろん、法律違反ってことも言えますが、それ以外の問題です。
それは「生産性を伸ばすインセンティブがなくなる」ということです。

ここでいう「インセンティブがある」という表現は「ある人物が物事に取り組む時、それに取り組む強い動機がある」ということです。
便利な言葉なので使ってます。

なぜインセンティブがなくなるのか。
それは「働いた時間分給料が出るなら、働いた方が得だ」と考えてしまうからです。
事実、この不況で残業が出来なくなり不満を持っている人は多いでしょう。
それは十分理解できます。
とくに実際にお金に換算するとよくわかる。
単純に残業代1ヶ月5万としたら年間60万円の年収減となるわけだから痛いわけだ。
さらに、時間内に仕事を終わらそうとすると今までと同じやり方ではできない。
だから、苦労して時間内に終わらすよりその分働いてお金を稼ぐ、という発想がでるのはごく自然な流れだと思う。

そして、ここが生産性向上を拒む最大の理由。
最初から残業をするつもり=最初から時間を有効に使う気はない、と言い切れるわけです。
日本の特徴であるブルーカラーの生産性は高いが、ホワイトカラーの生産性が著しく弱い(先進国最低レベル)という原因はここにあると思います。
最近はノー残業という話題がビジネス書では流行なので、それを実践する会社の例を沢山知ることができますが、ノー残業を進めた結果、成長率が高まっているものが多いです。
「がんばるタイム」とかが有名ですよね。
もちろん、うまくいった例だから紹介しているんでしょうが、合理的に考えても納得できます。
会社にとって人件費は莫大なものですが、それを抑えつつ今まで以上の仕事がこなせれば成長しないわけがない。
むしろ、今までと同じ量を定時間内に終わらせるだけで、ある意味「利益」がでるわけですから当然です。

さらに「時間を有効に使う」という発想を常にもてば「常に自分で考えて工夫をしなければいけない」わけですから、個人能力の成長も違いがでてくるでしょう。
これも最近の流行ですが、脳科学的には「タイムプレッシャー」というのは非常に能率を上げる効果があるそうですね。
単純な例だと「テスト前の最後の頑張り」ってやつでしょう。
とにかく、時間をしっかり管理することによって能率が上がり成果も上がる。

また残業時間が減ることでプライベートな時間が増えるので、本来は社員の側にもいいはずです。
仕事人間で仕事をやることだけ考えてきた人にはきついかもしれませんが、自分1人で生きてるわけじゃないんだし、もっと家族に目を向けてもいいでしょう。
よく聞かれるのは「仕事が引退したら何をすればいいかわからない」という中年社員の声です。
これ、冷静に考えるとなんてなさけないんだと思いませんか?
だって、何十年生きてて自分の大事にしてるものが仕事しかないなんて、ちょっと信じられないです。
仕事に対する意味はそれぞれ違うでしょうが、本来は人生があり、その手段として仕事があるはずです。
仕事をするために生きてるわけではない、これを勘違いしてはいけないと思います。
だからといって仕事を適当にやれといっているわけではありませんよ。
仕事を限られた時間の中で最大限の効果を発揮できるよう一生懸命頑張り、その後の時間もたっぷり楽しめるよう頑張る。
この両輪があってこその人生だと思います。
自分も仕事は仕事で絶対手を抜きません、しかし趣味など自分の人生を充実させることも絶対手を抜きません。
せっかくもらった命なんだから楽しまなければ損です。
こういう楽しみ方ができる唯一の生物が人間なんだから(ペットとかもはいるのかな?)とにかくそれを十分に活かさないと。

もちろん楽しむといっても、早く家に帰ってテレビみて寝るだけじゃ意味ないですよ。
いろんな人と交流したり、趣味に打ち込んだり、将来のために勉強したり、そういうことをして初めて残業をなくすインセンティブが生まれると思います。


なので、明日からは是非目先のお金ではなく、長期的な人生スパンで時間を自分に投資しましょう!




応援よろしくお願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
21:31  |  自己啓発  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/496-32ff9392
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。