*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.11 (Wed)

未来を生きる人

今日は建国記念日で祝日なんですね。
街頭演説してた人たちの演説で聞いて思い出しました。
まぁそれぐらい祝日に対する感覚が引くいということでしょうね。


このblogでは、やれ「年功序列はダメだ」とか「雇用に流動性をもたせろ」、「ノンワーキングリッチが会社をだめにしてる」などと主張しています。
そして、いろいろな人に話をすると必ず0か100で捉えられるので、もしかしたら抱かれてるかもしれない懸念を払拭しておきます。
これ、ほんとかなりの人にあてはまる傾向なんですが、「0はダメだ」というと「じゃあ100ならいいの?」ってなります。
具体的には「終身雇用はダメだ」って言うと「じゃあアメリカみたいな冷たい雇用契約でいいの?」ってなります。
というか、「終身雇用=日本」で「厳しい雇用=アメリカ」となってるみたいですね。
「終身雇用」がダメっていっただけで、その正反対のものを賛成だとは誰もいっていないのに…。
そうじゃなくて、正確には「終身雇用だけではダメだ」ということになんですが、ちょっと話がそれるのでこれはここまで。


どういう誤解かというと、自分は「高度経済成長に対し感謝している」ということです。


高度経済成長期はまさに日本が一丸となって日本社会を発展させた時期です。
日本という国が全員で1つの目標を共有できる幸せな時期だったとも言えるのではないでしょうか。
日本の資本主義は欧米のそれと違い、大企業型資本主義と言われるものでした。
その資本主義のシステムでは株主に強い権限はなく、そのため終身雇用を可能にして会社が社員を抱え込むことが可能だった。
それにより、長期計画を立てやすくなり、経済成長ど真ん中にあった日本にはまさに画期的システムだったといえるでしょう。
それにより急速な経済成長を遂げ、「一億総中流」なんて夢のような世界が実現できた。
これにより経済的な豊かさを手に入れ、今ではGDPが世界第2位(2007年のデータ)の超大国です。
そう、実は全然実感ないけど、かなりの経済大国なんです。
なのに、これだけ世界の中で存在感を見せれないのが不思議だ…。
まぁこの点は複雑な問題なので置いとくとして、とにかくその政策は正しかった。
そのおかげで、今実際に豊かな生活を送れているので感謝するべきだと思うし、事実感謝しています。


ただ、問題なのはこの後。
せっかく一時代を作り上げたんだから、新しい世代へバトンタッチしてほしいのにそれがない。
そこが問題なんだと思います。
ホントかどうかしりませんが、おきまりフレーズ「今どきの若者は…」ってやつはエジプトの古代遺跡の文章にも残ってるぐらい昔から言われてるってんだからあきれたもんです。


大事なのは、すくなくとも経済や政治という面から見れば昔を大事にするんじゃなく、今をどう生きるかということだと思います。
誰がどう考えても、今は昔と全然違う。
地球の反対側と一瞬でアクセスできる、こんな時代を数十年前に誰が想像しただろうか。
記録媒体にしても、自分が大学時代の間にフロッピーディスク→CD→USBと変遷し、さらにその価格は驚くべきスピードで進歩する。
本当に今の発達速度はその時代を生きていても驚異的です。
例えば自分の専門分野であるバイオでもiPS細胞が話題になりましたが、これも少し前まで課題だったことが日々どんどん解決されているので本当に驚きます。
専門的になりますが、遺伝子導入でウイルスを使うのが問題だったけれど、プラスミドが使用が報告され、さらにそもそも遺伝子導入しなくても代わりの化合物を入れて遺伝子機能を代替できる。
ガン化が最大の問題だったけどコラーゲンの使用で抑えられる。
まぁ研究者の世界は、1番じゃなきゃドベと同じ、という厳しい世界なのでスピードアップは必須ではありますが、それにしても凄いスピードですよね。


政治に求めるべきものは、とにかく「今を、そしてこれからの未来を生きる」という観点だと思います。
残念ながら日本の政治には明らかにこの観点を欠いています。
なので、こういう政治には選挙を通じてはっきりノーと言ってあげましょう。
さらに残念なのが、与党である自民党にも、一番勢いのある野党の民主党も、どちらも迷走してるのが事実なので全部ノーとなってしまいますが。



今までの日本ありがとう!そして後は俺たちにまかせろ!っと胸をはって言える日が来るよう日々精進したいと思います。




応援よろしくお願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
21:32  |  社会・政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/495-242a3ea1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。