*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.09 (Mon)

キャッチコピー

今日は、最近悩んでるタイトルの話。

このblogのタイトルは「Aseptic Room」です。
意味は訳すと「無菌室」となります。
このタイトルに決めたのは今でもはっきり覚えてる大学4年の夏。
院試の勉強をしてたときに出てきた単語で「Aseptic」があり、この単語の持つ響きに妙に魅かれたのを覚えています。
そして、ちょうどblogをやってたので、じゃあこの「Aseptic」という言葉を使いたいと思い「Aseptic Room」となったわけです。

さらに、後付になりますが、他にも意味があります。
ほとんどの人にとって「無菌室」なんてのは縁がないと思いますが、自分にとっては日常です。
自分は細菌などを扱う研究室にいたので、「無菌」という状態はなくてはならないもなんです。
ある細菌を調べたいと思ったときに、他の細菌がいてはどれがどの性質なのかわからなくなるので基本的に「1種類の細菌がいる状態」で研究を進めます。
そして、他の細菌が入らないように「無菌」という状態を保たなければいけないんです。
といっても「無菌室」なんて大袈裟な設備はあわけもなく、「クリーンベンチ」と呼ばれる小さなスペースが無菌状態となりそこで作業を行います。

そこから発展して、つまり「無菌室」というのは自分の「仕事場」を意味するんです。
仕事場というとちょっと硬い言葉ですが…くだけていうと「My Space」。
つまり「ここは俺の場所だよ」ってこと。
今でも仕事柄「クリーンベンチ」というものを使用しますが、そこで作業するとなんだか安心できる自分がいるんです。

だから、このblogは「俺の場所だよ」という意味を込めてAseptic Roomとなりました。
っといっても前述したように完全に後付ですww


そして、最近はこのタイトルを変えようかと迷っています。
いや、正確にはこのタイトルに愛着があるので変えたくないから、サブタイトル的なものが欲しいんです。
そして、そのサブタイトルの目的は、タイトルを見ただけで「このblogはこんなことが書いてあるのか」とわかってもらえるものがいいんです。
でもそれって、とっても難しいですよね。
今は「バイオ系アウトソーシング研究者の日々」となっていますが、全然日々を綴ってないしww

なので、まず整理。
このblogで扱う主なテーマは政治・経済・社会・音楽・自己啓発などなど。
これらは自分の中でとても重要なテーマでもあります。

しかし、本当に目指したい方向性はやはり自分の仕事に関係があります。
それは「特定派遣」というものです。
「特定派遣」については、近いうちにシリーズもので詳しく取り上げたいと思いますが、とにかくこれを柱にして社会や経済を見て行きたい。
そう考えるとどんなのがいいのか…。

まずベタなのは、某ドラマをパクって「特定派遣の品格」…あまりにパクリすぎだな…。
じゃあ「特定派遣から見た世界」…これはあまりに壮大過ぎだ。
「特定派遣の生き様」なんとなく伝わるけど、ちょっと重すぎ。
サラッと、見てみようかな、って思ってもらえるようなタイトルはないものか…。
こういうときに「センス」というものが問われるけど、一番苦手なことでもあるので、ここ一ヶ月くらいかけて考えてみようと思います。
何か妙案がある方、是非アイデアを!




応援よろしくお願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
20:59  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/493-dcb06ccc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。