*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.01.21 (Wed)

不可能な経済政策

前の日記で派遣切りをなくす、そして不況対策の1つとして正社員の賃金の低下がありました。
しかし、この賃金の低下は恐らく一律全員下げるということを目的としてるわけではなさそうです。
簡単に言うと「もらいすぎてる人の賃金を下げる」ことだと思います。
例えば、日本の賃金形態は長らく年功序列型でしたので、若いうちは少なく、年をとると貰えるというようになっていました。
この構造は、若いうちはいわば会社に貯蓄し、年をとってその分を取り崩すという形態ですね。
しかし、だからこそ年をとってからの賃金が実際の実力に見合わないという現実が生まれます。
そういう人が生まれる理由は簡単で、もらえるとわかってて必死に努力する人間はいないということです。
どんな報酬だろうと自分はベストを尽くすという聖人君子のような人は置いておいて、普通の人なら頑張ったらその分報酬が欲しいし、そのために努力すると思います。
しかし、例えば今どこかの大学を受験すると想定してください(あくまで例えなので現実に即してはいません)。
その大学は、本来なら自分が受かる可能性の低い難関大学ですが、学校のコネ(いわゆる推薦)のおかけで必要点数は低くなりそうです。
もしそうなれば誰が努力しますか?
その大学に受かる受からないに限らず、自分を高めるために勉強する!そう思える人はごくごく限られた存在です。
つまり、若いうちにある程度成果を出せば、後は会社がレールを引いてくれる構造になっていたわけで、その結果、生産性が著しく低い人が多数出現するわけです。
ひどい場合は、若いうちの失敗を年をとって給料という形で取り戻すという取り方もできます。
これはある意味、被害者でもあると思います。
人の心が弱いのは悪いことではないですから。
この年功序列型の賃金形態の縛りが一番強いのが、公務員、とりわけ官僚ということになるでしょう。
また、こういう形態が強く反映されてる企業、恐らく銀行やある種のメーカー系なども当てはまると思います。
また、よくマスコミが派遣切りを叩いていますが、彼らこそむちゃくちゃな構造をとっています。
テレビ番組の作成は下請けの下請け、孫請けが存在する状態でつくり、しかもお金はほとんど孫請けには伝わらない。
だから一番働いている孫請け会社はほとんど儲からず、テレビ局は年収1000万以上を出せる構造になってる。
それは電波利権など様々な甘い汁をすってるおかげなんだけど、自分のことは絶対報道しないくせにほんとテレビであれだけ正義面できるのはほんとあきれる。

ちなみにコテンパに批判した「年功序列」は全てが悪というわけではなくようはどんな職種にそれを適用するかということが問題だと思うんです。
ただこれは長くなるので別の機会で…。

っとほんとに書こうと思ってることと脱線したけど、まぁとにかく賃金形態がいろいろ問題だから下げたほうがいいとうのが経済学者の提案。
しかし、じゃあ本当に下げることになった場合、あなたら受け入れられますか?という現実的な問題が立ちはだかります。
もちろん、下げるのは本来上にかいたような人たちですが、こういうときに自分のことを棚に上げると問題が見えにくくなるので自分で考えます。
派遣切りが本当に問題だと思うなら(派遣社員がきられようと、俺には、私には、そんなの関係ないという方は考えなくていいです)、自分の賃金が下がってもいいですか?


どうでしょうか?答えでました?


自分の答えはこうです。
自分だけ下がるのは嫌、でも上に書いたような人達をメインに全体として下げるなら問題なし!ってことです。
つまり上げすぎてる人達の分をしっかり下げて、さらにワーキングシェア的なことなら全面的に受け入れるというのが答えです。
そして、これがどれだけ困難なのか、というより恐らく不可能なことだということも同時に理解しています。
例えば、この状況下でこのニュースはほんと信じられん

トヨタ ベア4000円要求へ

これだけ、派遣切りが続いてる中、さらに自分達の賃金をアップさせる要求をする心理が理解できない。
自分達のこと以外はどうでもいいと宣言してるようなもんだし。
前の日記にも書きましたが、その人がどう言っているかではなくどう行動したかで判断する、という原則に基づけば、トヨタの労働組合員は自分達以外はどうなってもいいのでしょう。
物価上昇を理由にしていますが、今ほとんど全ての物価がどんどん下落してるのは誰もが承知の事実。
色々なものの物価グラフを見ると物の見事に同じ時期にガツガツ下がってるから逆にびびるよ。


つまり、この賃金を下げるという政治学的政策は絶対に達成しないのが「事実」なので、どうやら他の手段を考える必要がありそうです。
ほんと、人間ってのは「予想通りに不合理」です…。


人気ブログランキングへ
FC2ブログランキングへ
スポンサーサイト
20:51  |  経済  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/469-63f22d1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。