*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.12.30 (Tue)

要は、勇気がないんでしょ

ブログを流し読みしてたら、ブログの内容じゃなくそのコメントで目から鱗が落ちたので速読ならぬ(意味は違うけど)速記で紹介。

「要は、勇気がないんでしょ」
http://d.hatena.ne.jp/guri_2/20080316/1205641886

このブログの内容自体は、もうけっこう何年も前から意識してたことなので、そうだね、くらいの感覚なんです。
ただ、友達の荒療治っぷりには驚きますが…。
それより、流し読みしてたコメントに書いてあったのがコレ!
「恋愛はフラれても失うものは少ない」
なんか、確かにそうだな、と思ってしまいました。
何年も付き合って分かれると「あの○年間はなんだったんだろう…」と思ったりします。
だけど、そうじゃなくて、その○年間に意味を求めるんじゃなく、その○年間かを経た現在の自分に意味を求めるのが大切なんだと思いました。
確かによく考えると失ったものより、そこを経て成長した自分がいて、また1人になっていろんなことをやってきて減るどころかむしろ増えてんですよ!
文章にするとなんて当たり前のことなんだろうと思うけど、1つ勉強になりました。


ちなみにブログの内容の方ですが、全面的に賛成です。
これは恐らくですが、会社の典型的な状態として、営業は研究所に無理言うし、研究所は営業の愚痴を言う傾向があります。
けっこうどこの会社の話を聞いてもそうなんですが、どうでしょう?
でも、これ愚痴っても意味ないですよね~。
愚痴を言うことで気分を発散できるタイプならお酒の場で言う分には全然問題ないかもしれないけど、基本的に人間ってネガティブなこと言うと自然とネガティブな方向へ向かうようにできてると思うんですよ。
それに、本当はみんな営業の無理が意味あることってわかってるんですよ(と思う)。
実験とか実際にやってる側は、自分らでなんとなくコレは無理とか思っちゃうけど、門外漢だからこそ「これできるでしょ!やってみてよ!」と無理を言い、それに挑戦することで新しい方向が見えてきたりする。
まぁ実際には無理なもんは無理だったりする場合もありますが、基本は、特に自分のような下っ端は常に「できる」ってことだけ考えて仕事をすればいいと思います。
できると考えて動くのが部下の仕事、できないラインを見定めるのが上司の仕事。
こういった態度でこれからも仕事に臨んでいきたいです!
実際、最近この無理のせいで?無理なんじゃないのと思ってたことがやってみたら全然いけるじゃん、という流れになったのでやっぱ大事ですね。



ちなみにメーカー系の仕事って生産・営業・研究の3段階にわけるとすると研究がすごく立場弱いと感じます。
生産は実際に物を作るし、営業はそれをもとに実際にお金を得る。
だけど研究はひたすらお金を消費し続けて現時点での価値が見えにくいんですよ。
でも、仕事納めの日に次長さんがいいこと言ってくれました。
「今年もいろんな問題があったけど、研究所というのはその問題を解明していくのが仕事であって問題があることが正常な状態である。だからこういう仕事に取り組めることを誇りに思ってほしい」
だいぶ端折りましたがこんな感じのことです。
っつーわけで来年からも誇りを持って微生物達と戯れたいと思います。


さて、明日は大晦日ですね。
明日は時間をたっぷり使って1年を振り返ってみようと思います。
スポンサーサイト
15:24  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/449-0c10f4a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。