*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.09.15 (Mon)

日本の「安心」は、なぜ消えたのか

まずはお詫びを…
前回の日記ですがおもいきり間違ってました…。
バリバリの「増税派」は麻生氏ではなく与謝野氏でしたね…。
ただ麻生氏がバラマキ政策ってのは間違っていないと思うので論理の展開は間違いないとは思ってますが…。
素直にすみません…m(_ _)m
なにか間違いがあれば素直に受け止めたいと思ってるのでバシバシ指摘してくださいね。



では本題に
今週は3連休で今日も少し夜更かしできるので日記を書こうかと思います。
ちょっといろいろあったのでそれはまとめて明日か明後日にでも書こうと思いますが、今回は本の紹介です。
本はタイトルにもある「日本の「安心」はなぜ、消えたのか」です。

Amazonより内容転載
http://www.amazon.co.jp/日本の「安心」はなぜ、消えたのか―社会心理学から見た現代日本の問題点-山岸-俊男/dp/4797671726
偽装国家ニッポン!?
いつからこの国は「嘘つき」だらけになってしまったのか?
その驚くべき真相を最新の心理学が鋭く解き明かす!

●構造改革が「安心社会」を崩壊させた
●日本人とは「人を見たら泥棒と思え」と考える人々だった
●「渡る世間に鬼はない」と楽天的に考えるアメリカ人たち
●実は日本人は集団行動よりも一匹狼のほうがずっと好き
●「心の教育」をやればやるほど、利己主義者の天国ができる
●いじめを深刻化させる本当の原因は「傍観者」にあり
●なぜ日本の若者たちは空気を読みたがるのか
●どうして日本の企業は消費者に嘘をついてしまうのか
●武士道精神こそが信頼関係を破壊する
                   ~本書の内容から~

出版社からのコメント
第一章 「心がけ」では何も変わらない!
第二章 「日本人らしさ」という幻想
第三章 日本人の正体は「個人主義者」だった!?
第四章 日本人は正直者か?
第五章 なぜ、日本の企業は嘘をつくのか
第六章 信じる者はトクをする?
第七章 なぜ若者たちは空気を読むのか
第八章 「臨界質量」が、いじめを解決する
第九章 信頼社会の作り方
第十章 武士道精神が日本のモラルを破壊する


今まで経済系の本をみると日本は90年代後半に変化したという考えに多く出会いましたが、この本ではそれを社会心理学の立場から述べられたものです。
そしてこの本は非常にわかりやすくそれらをまとめてあるんです。
ずっとくすぶっていた社会に対する違和感を見事に解決してくれています!
キーワードになるのが「安心社会」と「信頼社会」で、「安心社会」は典型的ないままでの日本社会、つまり武士道的なものであり、「信頼社会」はアメリカや西欧社会で、つまり商人道的なもの(日本で言うところの松下幸之助や本田宗一郎の考え)。
現在日本で起きている問題は、この「安心社会」から「信頼社会」へと日本が変わろうとしているのに「安心社会」を引きずるせいで起きていることがわかります。
この2つの社会を無理に混在させると「すくいがたい腐敗」が起きる可能性をはらんでおり、著者は日本がすでにその「すくいがたい腐敗」が始まっているのではないかと危惧しています。

この本、ほんとお勧めです!!!
難しい内容を平易にまとめてあるので読みやすいと思うし、何よりこの変化に気付けないとえらいことになるんじゃなかろうか…という危機感もあります。
この考え方は小・中・高・大学全てで教えたほうがいいんじゃなかろうか。
何度も言いますがほんとにお勧めなんで是非読んで見てください!





あとその他最近読んだもので面白かった本の感想をいくつか載せます。


前に紹介したシリーズ、「こころ」、「人間失格」、「地獄変」(地獄変は芥川龍之介なので短編集)を読んでみました。
小説はむしろ読みなれてないんですが、この中で面白いのはやっぱ「こころ」でしょうか。
はっきり言って「先生」の弱さは自分もよくわかります…。
ただ、それでも自分が同じ立場になったとき「K」に自分の思いを伝えられる、そいういう人になりたいです。
最後の2人の書評の違いが面白くて、男性と女性ではこの本を読む感想が大分変わるんだなと思いました。
なんとなく残された女性がかわいそうだなと思ってた自分はまだまだ青いなということです…。
「人間失格」は読んでて腹立ってきたので感想はなし!
芥川龍之介は「地獄変」の展開に予想はできたもののビビリました…。




死ぬほど珍しいジャンルも読んでみました。
「ベスト・パートナーになるために」~男は火星から、女は金星からやってきた~
男と女の考え方の違いを非常にわかりやすく説明してくれてる本です。
この本の説明の中で、過去にほぼまるまる同じやりとりした状況がいくつかあって腰抜かしました…。
つまり典型的な男と女のやりとりしてたみたです。
どうも自分は少しは昔より女性の気持ちがわかるとのぼせ上がってたようですね…。
たぶん彼氏としてはダメダメだったことがよくわかりました…。
それと同時に相手も自分のことを全く理解していないんだなということもよくわかりました。
けっこう前に「男がバカなのか、俺がバカなのか」なんて曲がありましたが、この本を読んでわかったのが「俺がバカだったし、君もバカだった」ということです。




「リクルート「創刊男」の大ヒット発想術」
これは特に後半読んでて興奮しました。
リクルートは今やかなりの大手ですが昔はあくまでいろんな会社の1つだっと思います。
そんな会社から出した雑誌というメディアが日本を変えていく様はかなり心揺さぶられるものでした。
例えば女性向け就職情報誌「とらばーゆ」により女性むけに営業職が募集されるという、昔においてはある意味大事件がおきたわけです。
情報誌に載せる会社側はかなり渋っていたようですが、人手不足もあって「じゃあ試しに募集してみよう」と軽い気持ちで載せたところ応募は一気に3ケタ代。
それでも初めての出来事なので2人だけ採用したらその2人は経験豊富な男性社員を抜いてトップの成績をたたき出したそうです。
また旅行情報誌「エイビーロード」では様々な旅行を情報誌に載せた。
すると大手旅行会社からこぞって批判があり、なかには名刺を配るとその場で破られたことも…。
その原因は旅行プランの値段に大手の中で談合された値段設定があり、それを下回る旅行・ツアーがエイビーロードに載っていたためだとか。
しかし数年後、その業界談合価格撤廃がきまり、大手からこぞって掲載依頼が来たそうな。
ここで面白いのはその談合価格を下回るツアーを載せた会社は今や有名「HIS」だというから世の中わからないもんです。
なんだか「プロジェクトX」のノリでこの本読んでるとかなり熱くなるし、ここで紹介してない発想術も非常にためになります。

スポンサーサイト
01:10  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/424-42ce54db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。