*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.07 (Sat)

言葉の裏側

就職にともなって岐阜を離れ大阪にきたわけですが、それにともなって最近通常より頻度が高くなった言葉があります。
それは何かというと

「頑張って」


という言葉です。


実はこの言葉を使うのは若干の抵抗があるんですよね。
っと言っても普段から気にしてるというほどでもないんですが。
むしろ普段は何の気なしに使う言葉でもあります。

ではどんな時に特に抵抗を感じるかというと…メールです。
最近、遠方にいる友人達とメールでやりとりすることが増えましたが、最後には必ず「じゃあお互い頑張ろうな」とか「頑張ってね」とかつけるわけですよ。
別に普通のやりとりだとは思うし、やりとり事態は何の問題もなく、むしろ温かいやりとりですよね。
でもこうやって言い合える仲の相手ってすでにもう頑張ってるわけですよ。
そんな相手にさらに「頑張れ」って言うのになんとなく気がひけるというか…。
文章にするとそのことが具現化されたようで抵抗感があるんです。

でも友達同士ならそんなに深く考えることないかなと思い使ってます。
抵抗感がマックスででるのは恋人に対してです。
特に言われるのが最高に嫌なんです…。
はっきりいって自分は今できる最高の頑張りをしてるつもりです(と言っても甘い部分はかなりあると自覚してますが…)
そこでさらに恋人から「頑張れ」って言われるのはなんだかつらいんですよね。
でも「頑張れ」って言ってほしくないというと相手は100%困惑します…ってか100%困惑されました…。
向こうは俺のことを考えて言ってるのになんでそういうこと言うの?って気持ちなんでしょう。
それをわかってて言ってしまう俺が悪いのか…相互理解をしない両方が悪いのか…。


じゃあ代わりにどんな言葉を使いたいかというと「楽しんでね」って言葉です。
これは最近の自分のポリシーになんですが、どんな場面からも楽しいことを見つける能力は全てを凌駕すると考えてます。
それにその方が絶対人生楽しいだろうし。
でもこの言葉も微妙ですよね~。
めっちゃ忙しい友達に「じゃあ忙しいだろうけど楽しんでね」と言うのはなかなか勇気がいります。
だからこの言葉を使うのはほんとに限られた場面だけかもしれまんせん。
(ex.ライブをやる人には「頑張って」より「楽しんでね」)

または恋人に代わりに言って欲しいのは「無理しないでね」って言葉です。
この言葉なら、頑張ってる相手に対して状況を理解しつつ相手を気遣ういい言葉なんじゃないでしょうか。
恋人と書いたけど友達に対しても大丈夫ですよね。
でも友達だと「無理するな」だけじゃやっぱりなんだか変なので、相手を鼓舞する意味も含めつつ「無理のない程度に頑張って」などと中途半端な感じで答えることも最近は多いです。

でも「頑張れ」という言葉には応援のメッセージという意味もこめてると考えればやっぱり適切だろうか…。
やっぱり難しい…。
こんなけ書いといて最終的な結論はケースバイケースってことでしょうか…。
なんだかんだで「頑張れ!」って使ってくと思います (^_^;)


ちなみにアメリカでは「頑張れ」にあたる言葉に対して「Take it Easy」という言葉があるらしいです。
訳すると「気楽にね」ってニュアンスかな、素晴らしい文化だと思います。
沖縄語(こんなのないけど)に変換すると「なんくるないさぁ」(なんとかなるさ)でしょうか。
ちょっと違うかな?
「…大変だと思うけどなんくるないさぁ。じゃあまたね~」でメールをしめたらなんだかホンワカしますね。



予想より長い文章になってしまいましたが、「言葉」に関することを書いたのでついでに最近気に入った「名セリフ」を紹介します。

・勇気とは恐れがないということではない。恐れよりも大事なものがあるという判断なのだ
少なくとも自分は今までも、そして今でも新しいことに挑戦するたびにビビリまくってます…。でもそれをした先にいる自分を想像すると足を踏み出せるんですよね。大阪にきてもビビリ→達成感のサイクルを繰り返してます。

・正しい道にいたとしても、そこにずっと座っていればいつかは轢かれてしまう
自分にとって保守的になることは死と同じだと考えて行動してます。上の名セリフにもつながりますが、変化を恐れないんじゃなく変化しないことを恐れます。

・真実を探している人を信じなさい。真実を見つけたという人を疑いなさい
これは環境問題関連で最近特に顕著ですよね。絶対と言い切れることはほとんどないのに1つの意見が大勢を占めるのは非常に怖いです。常に疑い常に求める。大変だけどなんとか頑張ってみたいです。

・ムリだっていうのはいつだってチャレンジしてないやつ
これはスラムダンク「あれから10日間」より。少し前にまさにこの状況に陥ってかなり嫌な思いをしたんですが、この言葉を聞いてなるほどと思い、なんとなく救われました。俺って単純だ…。

・仕事ってのは自分の都合でやるんじゃない、お客さんのこと考えてやるんだ
これはドラマ「ごくせん3」より。うわべっつらの感動以上にビジネスの本質を捉えてる気がすると社会人3ヶ月目の若僧が感じた言葉です。売りたいものを売るんじゃなく、欲しがるものを売るです。


やたら長くなりました…最後まで読んでくれた人ありがとう!
スポンサーサイト
22:04  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

こんにちは。

突然の書き込み、失礼いたします。
いきなりでビックリされるでしょうけど、お久しぶりです。

3年前の夏だったでしょうか。
始めたてのトランペットを持って、部室にお邪魔した者です。
もう覚えてらっしゃらないかもしれませんが・・・
あの時は本当にお世話になりました。
今回は、たまたまBAGUのライブでご活躍されていたことをネット上で知りまして、ここに辿り着きました。

あの時以来、いつかもう一度、岐大の部室に遊びに行ってお会いしたいと思ってましたので、この日記を見つけて、つい懐かしくなり書き込んでしまいました。
あの時は、楽器もですけどジャズも聴き始めたばかりで、正直なんにも分かってなかった僕を快く迎え入れてくださって本当にありがとうございました!
バーのセッションにも連れて行ってもらった記憶がありますが、今思うとぞっとしますね(笑)。きっと酷い演奏だったんだと思います。

以来、うちの先輩達の影響もあってジャズ(聴くのはバップだけですが・・・)にのめり込み、日々練習したり、都内のライブに足繁く通ったりしています。
ただ、演奏の方はというと、アドリブの壁にぶつかってそれを越えられません。
楽器の技術もありますけど、ジャズは理論を疎かにすると絶対ダメですよね。
早いもので今年で4年になりましたが、なんとか卒業までに少しでも自分の歌を楽器で歌えるようになったらいいなぁと思ってます。

河合さんは大阪に行っちゃったんですね。実は就職が地元で決まったんです。帰ったら演奏も聴きに行きたいと思ってたので少し残念ではありますが、お仕事と両立してずっとジャズも続けていって頂きたいです。
いつか何処かでセッションしたいんで、ちゃんと混じれるように頑張ります。

日記と関係ない話で長々とすいませんでした。
それでは、お元気で。
たな |  2008年06月08日(日) 03:23 | URL 【コメント編集】

おぉ~!!!久しぶり!!!
もちろん覚えてるよ!
あの後、頑張ってるかな~と思い出すこともあったけどまさかここでコンタクトがとれるとは!
確かにセッション行ったよね、懐かしいなぁ。

地元に就職決まったんだね!おめでとう!
俺は大阪だからなかなか一緒にはできないかもしれないけどBAGUという共通項があればいつかまた再会できるかもしれないね。
BAGUに言ったらママさんやマスターに俺の名前をだせば通じるから話しかけてみてよ!

ちなみにBAGUは月に1回の定期的なセッションを始めたから地元に戻ったら是非チャレンジしてな!
さらにBAGUでは大晦日セッションなるものがあるので、もちろん今年も行くつもりだから凄い先の話だけどよかったら来てな!
メルアドも変更してないからそのときにでも連絡してよ。

そいでは残りの学生生活楽しんでね~!
てっし |  2008年06月08日(日) 18:40 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/406-c9b81d25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。