*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.07.06 (Fri)

憑神

7・4に田村正和主演の映画、ラストラブを見に行く予定だったんですが残念ながらすでに昼1回の上映となっていたので諦めました。
昼の上映は高いけどシネマイレージカードの無料分がたまったから土日にでも見に行こうかな。
でも男1人でラブストーリーは辛いな…。


んで憑神見てきました!
ストーリー(goo映画)
時は幕末。別所彦四郎は、下級武士とはいえ、代々将軍の影武者をつとめてきた由緒ある家柄の出。幼い頃より文武に優れ、秀才の誉れ高かった彦四郎だが、戦もない平和な世においては影武者の出番などあるはずもなく、毎日暇をもてあますばかり。出世はもはや神頼みしかないとすがる思いで祈ったお稲荷様は、なんと災いの神をよびよせる稲荷だった……。人生のツキに見放され、不幸の神様にとりツカれ愛されてしまった男の運命は?


この映画、はじめはさっぱりです。
1人目の災いの神がでてくるまでは何を見せたいのかよくわからんです。
しかし、それ以降になると方向性が見えてきて伝えたいことがわかってきます。
そして最終的には気持ちいい!って流れでした。
主人公の彦四郎はほんとにまっすぐで、いろんな災いの神と出会った先に自分の生きる道を見出し突き進んでいく様が気持ちよかったです。
自分も従来までの日本人にあったような誇りをもった生き方をしたいもんです!
そしてもう1つの見所は森迫永依!
実写版ちびまる子ちゃんでまるちゃん役やってたあの子です。
とにかくあの子がむちゃかわいい!
そして最後のセリフ「大好き!もうどうしようもないのさ!」にはガツ~ンときました。
将来あんな娘がほしいもんです、と24才で思うのはやばいだろうか…。


ただ残念だったのは主役の妻夫木聡の演技が若干…。
「どろろ」のときも思ったんですがあれはちょっとどうなんだろう…。
周りがかなり豪華なメンバーだっただけに残念です。


でもこの映画、彦四郎の迷いながらも自分の道をみつけまっすぐに生きる様や、森迫永依が最高にいいのでけっこうお勧めですよ。
スポンサーサイト
15:27  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/344-0f53fd8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。