*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.04.06 (Fri)

ンガンン

まだお腹が変ですがやることもあるので今日は2日ぶりに出勤。
ここんとこお粥かうどんしか食べてないからラーメンが無性に食いたい。
まぁそれはいつものことなんだけど…。
でもこういうときに焼肉食べたい!っとか、ステーキ食べたい!っとかは考えずカップラーメンが食べたくなる自分は金持ちにはなれそうにないな。
脂っこいものや刺激物はもうしばらく我慢です。


この2日間横になってるだけでは退屈なので映画を3本見ました。
うちの親父も映画好きなんですが自分と違って映画館には行かず家でばかり見てます。
しかもDVD買ったりとかは絶対せずにテレビでやったのを録画するから超経済的なんですな。
HDD付きDVDレコーダーを買ってからは特に何でもかんでもHDDにはいってるからなんかみたくなったらすぐ見れて便利です。

んで今回見たのは
「ローレライ」「SHINOBI」「隠し剣 鬼の爪」の3本です。
ちなみに全部邦画。
この中で特によかったのが「隠し剣 鬼の爪」
<ストーリー>
幕末の東北。海坂藩の平侍、片桐宗蔵(永瀬正敏)は、母と妹の志乃、女中のきえ(松たか子)と、貧しくも笑顔の絶えない日々を送っていた。やがて母が亡くなり、志乃ときえは嫁入りしていった。ある日宗蔵は、きえが嫁ぎ先で酷い扱いを受けて寝込んでいることを知り、やつれ果てたきえを背負い連れ帰る。その頃、藩に大事件が起きた。かつて、宗蔵と同じ剣の師範に学んだ狭間弥市郎が、謀反を起こしたのだ。宗蔵は、山奥の牢から逃亡した弥市郎を切るように命じられる…。


この映画はまさに日本映画の真骨頂!
ほんとに主人公の行き方がかっこいいです!
いわゆる不器用な人生なんですがやっぱりこういう生き方にはあこがれるなぁ。
でもこの生き方を研究者としてやったら絶対成功しないんだけど…。
というより成功を求めた生き方ではなく自分の思いを貫く生き方なんだろうなぁ。
あと女中のきえがいちいち可愛い。
ああいう控えめで芯のある女性にも憧れるもんがある。
それに片桐と弥市郎の戦いがかなり凄い!
それぞれの戦う背景を知っているから思いが凄く伝わってきて気付いたら手がびっしょりになってました。
あと題名になってる鬼の爪ってのは最後の最後に出てくるんですがこれがすごい!
ネタばれするから詳しく書きませんが、えっ!っと思うともう終わってるんですよ。

この映画はほんとお勧めですんでみなさんもどうぞ!
スポンサーサイト
19:13  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/321-9477dd02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。