*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.12.13 (Wed)

ただ懐かしいだけなんです

いつものようにパソコンとにらめっこしながら作業してたけどちょっと疲れたんで机の上を整頓してみました。
すると何も書かれていない謎のCD発見!
なんじゃこりゃと思いとりあえずパソコンに入れてみたらAudioCDだったので聞いてみるとなんだか下手な演奏が聞こえてきた。

…自分の代の定演のCDでした。

なぜそんなもんが研究室の机の上にあるかはわからんけど久しぶりに聞いてみると、これがまた下手くそです。
でも下手は下手なんですが、良さもあります。
それは自分がコンマスやってるからってのが一番でかいんだけどこの曲はこういうことをしたいんだな~とはっきり伝わってくるのがわかる。
演奏聞くとこの曲は誰が吹いてて、どんなとこ苦労してってのがどんどん思い出すあたりコンマスとしては合格かな~っと思う。
でも練習中メンバーの名前がすっとでてこんから楽器名(例えばペットの3rd)とかで呼ぶあたりは失格だな~っとも思う。

それはともかく、とにかく自分の代ではいろいろやったな~と懐かしくなってきました。
選曲の幅を広げたり、練習方法をいろいろ試したり、定演の3部制、演出、PAなどなど挙げればキリがないくらい。
今は就職活動中でサークル時代はネタの宝庫なのでよくエントリーシートに使うため、最近よく思い出します。
1番嬉しかったのが、定演のアンケートに尊敬するY先輩が「この定演でニュースタの新しい1歩を踏み出せた」と書いてくれたことです。
そういう意味で定演や自分のサークル時代は成功と言えるかもしれません。

しかし自分の信念ですが、下手くそな演奏では身内を感動させることはできても第3者を楽しませることはできないと思うんです。
想いを音楽にするのって相当実力のいることだと思います。
「自分達が楽しいからって聞いてる人が楽しいと思うな」などとかなりきついことをコンマス時代言ってましたが今でもそう思ってます。
これは学生レベル、アマチュア、プロ級のアマチュア、プロ、最高レベルのプロ、世界レベルのプロといろんなライブを聞いてきた経験からも感じます。
人を楽しませる演奏に必要な実力は世界レベルじゃなきゃいかんわけではないけどでも「テクニック」ってのは精神的なものと同様どこまでも鍛錬すべきです。
(分かる人にだけわかる例で恐縮ですが)だって全員がウェインショーターみたくなれるわけないもんね。


…ただ昔の演奏聞いて懐かしいなって流れにするつもりだったのにまたえらくきついことを書いてしまった。
これが俺のいかんとこかもしれんな。
これも就職活動の自己分析の一貫にしとこ。
スポンサーサイト
17:56  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/280-39ac242d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。