*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.10.26 (Thu)

Clear and Present Danger

題名の意味することは「環境問題」のことで今回は日本とブラジルについてのエネルギー・環境・健康に関するシンポジウムでした。
今日はボランティアでそのシンポジウムの手伝いをやらされました。
やらされた時点でボランティアではないんですけどね…。
そのせいで今日も実験は遅くなりそうだ。

でも内容はなかなか面白いものが多かったです。
一番驚いたのは難分解性物質であるPCBsが100%の収率で分解する方法!
農薬で有名なDDTにも効くそうです。
条件もかなりマイルドな条件で現在スケールアップ化を検討中だそうです。
ああいう化学的分解法を知るとやっぱり微生物に頼るより金属触媒のがいいんでないの、と軽くいじけます。
頑張れ細菌!!


あと話しがうまい人が多かったですね。
ブラックジョークですが「うちでは体重を減らすため胃の一部を削除する手術をしますがそのうち50%ぐらいがもとに戻ってしまいます。うちでは頭の手術をしてないから当然ですね」
っと片言の日本語で言われたときは会場爆笑でした。
そのブラジル人もそうだけど今日はやたらブラックジョークが多かった気がする。

違う話では「日本人は絶滅危惧種」っていうのもうけました。
3200年には1人らしいです。
まぁ今のペースで人口が減ることはありえないと思うのであくまで数字遊びですが。


なんつーか技術ってのはどんどん進歩してきますね。
当たり前といえば当たり前ですがそれを当たり前にする技術者・研究者は尊敬できます。
ってわけで俺も細々と実験頑張ろ!!
スポンサーサイト
22:57  |  研究  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/260-46465a27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。