*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.08.25 (Fri)

続き

前回の重い話題に引き続き少しまじめなお話。
つまらないかもしれなけどこういうことを20代が真面目に考えるのはとっても大切だと思う。
つたない知識なので間違いがあったら指摘して下さい。

今日は自衛隊の予算の話。
先日新聞読んでたら防衛庁が自衛隊予算を上げることを要求していました。
北朝鮮のテポドンなどに対応していくため、いわゆるミサイル防衛(MD)にかかる費用や、国内で起きるであろうテロ対策などに対応するためいままでの予算では足りないと主張。
日本の軍事費用はアメリカ、ロシアに続き世界第3位という巨額の予算をもらってるのにさらに要求してるみたい。
この話をするとよくGNPにおける割合をみると少ないということがでるが実際大金がつぎこまれてるんだから割合なんて関係ないと思う。
もともと戦わない国が前提なのにここまで金をかける必要があんのかな。
例えば今は分からないけど、戦わないはずの自衛隊がなぜか地雷を持ってるんだよね。
そりゃおかしいだろうと!



また現在までの防衛庁から防衛省への格上げも主張しているみたい。
庁から省へ変われば当然大臣が配置されるわけで、今まで複雑だった事務手続きの簡略化され、いろんな対応が迅速になる。
っつーことは単純に権力が増すわけだ。
ただ、それ以上に「格」にこだわっているらしい。
アメリカ、イギリス、ロシア、中国など主要な国は全て省として扱われているらしいです。
格にこだわってる時点でなんだかもう動きが怪しい気がする…。
日本の警察の拳銃と一緒で武力ってのは使いにくいぐらいでちょうどバランスがとれてると思うけどな。


昔から議論を読んでいる自衛隊…。
ほんとに軍になるんやろか(今も半分軍みたいなもんかも?)
自衛隊は無くすのは不可能だし軍にはして欲しくないからこの中途半端な存在を維持するのが現実的ではあると思う。
予算も少しずつカットしていって最終的に必要最低限の自衛ができる程度にするのが一番かな。
…これからいったいどうなるんやろね。
スポンサーサイト
14:20  |  社会・政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/230-f0ca9982
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。