*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.07.02 (Sun)

演奏するということ

自分が初めてビックバンドに出会ったのは高校の高2だっただろうか?
その頃は吹奏楽部としてほんとアホみたいに吹いてた頃だったけど確か高2のころにはすでにジャズにあこがれみたいなものを抱いていたと思う。
きっかけは何かわすれたけど岐阜の社会人ビックバンドであるSJCオーケストラを聞いてほんとに感動した。
こんなにかっこいい音楽があるんだと本気で驚きました。
特にそのバンドは今はメンバーが違うけどテナー2人がほんとにうまくてその2人のバトルを聞いて興奮したのを覚えています。

大学では念願のジャズサークルに入部。
正直吹奏楽のサックスやテナーに対する扱いには飽き飽きしていたのでやっとジャズができると思いワクワクしていました。
そして大学で思いでに残ってる演奏は愛知大学のブルースターズでの定期演奏会。
学生の定期演奏会独特のこれで最後なんだという気迫が伝わり鳥肌ものの演奏でほんとに感動しました。

サークル在籍中はほんとにのめり込み自分の代になったときにコンサートマスターとして活動してたときは毎日必死にやってたと思う。
自分が描いていた演奏は最後までできたなかったけど、最後の定期演奏会でバンマスの感動的な挨拶の後演奏したFly With The Windはサークル在籍中一番感動した演奏だったと思う。
あの時あきらかにみんなの様子が違ってて、演奏しながら「やっぱどんなにコンマスが頑張っても気持ちを込めて演奏するという行為がなきゃ音楽はすばらしくならんのだな」と少し悔しい気持ちも起きたこと覚えています。

そして今日、岐阜のいろんなビックバンドが出るライブを見てきました。
その中の演奏で心を動かされるような演奏はなかったです。
ビックバンドってこんなだったっけと思ってしまった。
その理由は正直よくわからない。
少なくとも技術的に満足できるバンドは少ないし自分は演奏する側だからそういうのはけっこうでかいマイナスだと思う。
でもそんなこと以上にこっちに伝える気が無かったようにも感じる。
舞台の上で完結してるというか…。
でもそんことない気もするのでやっぱりよくわからないです。

はっきりとは言えないけど演奏を聞き終わった後なんだかすごいモヤモヤしたものがあったのでここにぶつけてみました。
スポンサーサイト
16:45  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/191-a16ca507
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。