*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2005.10.29 (Sat)

クソ真面目!

新憲法草案には驚きそして憤りを感じずに入られません。

・前文で自主憲法制定、象徴天皇制の維持、「国や社会を愛情をもって支え守る責務」を明記
・現行憲法9条の戦争放棄の条文を維持
・「自衛軍」の保持を明記し、集団的自衛権や国際協力で武力行使を容認
・国の説明責任やプライバシー権、環境権などの新しい権利を創設
・政教分離原則を緩和し、国や自治体に社会的儀礼の範囲内の宗教活動を容認
・首相権限を強化し、自衛軍の指揮権、衆院の解散権、行政各部の総合調整権を明記
・改正の要件を衆参各院の3分の2の賛成から過半数に緩和
・国民の新たな義務の盛り込みは見送り

ついに自分の国が自衛軍を認め武力行使を認めたことはとてもかなしいことです。
昨今ではテロが大きな問題となり多くの人が驚異を感じていることだと思います。テロは事実犯罪であり許されることではありません。しかしだからといってアメリカのいう正義の名の下に武力行使を繰り返す行為は愚かとしか表現できません。自分たちで火種をつくりそれを武力をもって制圧する。そこで生まれる憎しみの連鎖はとまることがないでしょう。そして日本も実際にその連鎖の中に組み込まれていこうとしているのです(実際にはもう組み込まれているかも)。この人間の戦争の歴史にピリオドを打つためにはアメリカの言うなんの意味もない正義、自分たちのためだけの正義をとめ、世界でも貴重な戦争をしない国である日本こそが平和への道を探って欲しいとそう思います。しかし今回の草案でその道へまた一歩ずつ遠ざかっていくのはほんとに悲しいことです。

政教分離の緩和も考えられません。今までの歴史で政治と宗教が結びつき多く後が流れてきました。宗教とはあくまで個人のためにありそれ以上に膨らむことは害としかならないと思います。宗教はある意味権力でありそれを利用しようとする輩が当然でてきます。時代錯誤もはだはだしいこの考えはなんとかしてほしいものです。

さらに首相権限の強化。これはアメリカの悪い例をまねているようなものでこれも一種の宗教的発想になりかねません。たしかにああだこうだと議論しているうちに重要な決断ができないようではいけませんが、はなから政治家が議論を放棄しているように思えちょっと信じられませんね。

ほかにもいろいろありますがそもそも新憲法起草委員会の委員長を森喜朗がやっていることが考えられません。この人物は少し前に子どもたちに「日本は神の国」発言をしたとんでもない人でこんな危険な人物に任せることが許せません。結局今回も象徴天皇制を維持しましたが今の民主主義の世の中に天皇は必要でしょうか?年配の方たちは天皇と言う宗教に染まった世代なのでなかなか変更は難しいですがこれも廃止すべき制度であると個人的に思います。

結局自分はこの国というか生まれた場所が好きでありその国がおかしな方向へ進んでいることが悲しくてなりません。自分一人が選挙に行き1票を投じることは小さなことですが今の若い人世代の票が動けばかならず政治は変わります。でも同じ世代がどう考えるかはわからないので平和を願うことを望みます。
スポンサーサイト
15:50  |  社会・政治  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://asepticroom.blog31.fc2.com/tb.php/12-c48d52b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

気をつけろ、自民党の新憲草案は計算し尽されている

自民党の新憲法制定推進本部が新憲法草案を発表しました。テレビその他の報道で抜粋されたものからは、自民党とは思えないほど自民色のないもので、自民党とは意見が異なる人が見ても「まあこの程度ならいいんじゃないのか・・・」と思わず思ってしまいます。(実は私もそう
2005/10/29(土) 23:33:06 | 斜45°

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。