*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.04.21 (Sat)

新人教育のジレンマ

すでに3週間も過ぎてしまいましたが新年度になりましたね。
私の職場でも新しい方が入ってきてにわかに活気付いているように感じます。

私のはその新人さんの教育係になったので4月からは慌ただしい日々が続いています。
1人は新卒さんなのでまだまだ右も左も分からないといった感じ。
もう1人は研究のアシスタントとしての経験が豊富な方なので新卒さんを引っ張って行ってくれて助かります。
定時の間は2人の相手をして自分のことに専念できるのが定時後になってしまうので今月は少しオーバーワーク気味ですね。
なかなか大変ですが2人がとても良い方なのでストレスは仕事量ほど多くは感じません。

1つ新卒さんで心配なのがわからないことがあった時にすぐに聞きにこないことです。
なんだか動きが変だったりすると何かわかっていないんだなぁと思いこちらから聞くと何かわからないか教えてくれます。
この「わからないことがあったらすぐに聞く」というのはとても大事なことです。
しかし、じゃあなんでも聞けばいいというものではなくやはり「自分で調べる」能力を育てる必要もあります。
聞ける人が常に側にいてくれるわけではないし、何より他の人がわからない情報は価値があるので調べる能力を高めるることは自身の人材価値を上昇させます。

ここでうまれる新人教育のジレンマがこれ。

「わからなかったらすぐに聞きにこい!」←→「なんでも聞かずに自分で調べろ!」

多くの職場でこの矛盾した指摘が繰り返されているんじゃないかと想像してます。
このバランスを教えることが一番難しいと思うんです。
しかも人によってこのバンラスは違うと思わわるのでもしかしたら正解はないのかもしれません。
私のの中での基準は

欲しい情報の価値

聞くことと調べることの予想される時間

このバンラスで決めています。
明らかに単純な情報、例えば「○○が職場のどこにあったか」に時間をかけて調べる馬鹿はいないでしょう。
また調べる価値がある情報でも現在の自分の能力では時間がかかり過ぎると思ったら詳しい人に聞きにいく必要があります。
このバランスをどう伝えるかが重要なのでなと新人教育を通じて改めて考えました。
そしてこれを伝える主観はケーススタディーを積み重ねるしかないかと思ってます。
とくに最初は調べる能力自体が非常に低いのでそれを鍛えるのも重要ですね。
調べる能力がある程度育たないと上記の2つを天秤にかけた時に常に「聞いた方が早い」となってしまいますから。

新人教育はまだまだ始まったばかり。
何よりこの新人教育を通じて勉強になっているのは他ならぬ自分自身だったりします。
重過ぎず軽過ぎず、適度な負荷をかけながら続けていきたいと思います。
スポンサーサイト
22:43  |  仕事  |  TB(1)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。