*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.03.17 (Sat)

放射線を学んで復興支援

私が住んでるつくば市からこんなものが届きました。


「暮らしと放射線-放射線と上手につきあうために-」


さすが研究学園都市というだけあって放射線に関する説明が非常にわかりやすく書かれていました。
もしかしたらどこの自治体も最近はこういうのを配ってるのかもしれませんが紹介したいと思います。
(ただ、配布するのが遅すぎるだろとはつっこみたいです)


まずタイトルがいいですね。
放射能といわずにしっかり放射線と書いてある。
放射能という言葉は「放射線を出す能力」のことであって放射線ではありません。
だけど最近ではごっちゃになって使われていますよね。
そのこともしっかり内容に触れている辺が「言葉の定義をしっかりさせる」という科学のスタイルに則っていて好印象です。


さて、うまい説明だなと思ったのが放射線の単位に関する説明です。
放射線には「ベクレル[Bq]」、「グレイ[Gy]」、「シーベルト[Sv]」の3つの単位があります。
この単位を雨に例えて下記のように説明しています。

放射線の単位

・ベクレル[Bq]:空から降る水の量
・グレイ[Gy」:人に当たる水の量
・シーベルト[Sv]:水があたったことで受ける影響

ベクレルは「どのくらい水がふってきたのか」という総量を指しますが、その中でも「その降ってきた水がどのくらい人にあたるのか」というのがグレイになります。
わかりにくいのがシーベルトですよね。
そこでこれも良い例えだと思うのですが、同じ分だけ水の量が降っていたとしても片方は「雨(液体)」、もう片方は「あられ(氷)」として降ってきたらどうですか?
同じ水の量でも液体としてなら「濡れるから嫌だな~」程度で済みますが、氷として降ってきたら「痛い!」ってなりますよね。
つまり、この場合だと氷の方が人に与える影響が大きいのでこれを放射線で考えるとよりシーベルトの値が高くなるということです。

さて、単位がわかったところでやはり気になるのは「放射線と発ガン」の関係ですよね。

放射線のリスク

放射線の発ガンリスクは短期的に100mSv被ばくするとみられると言われています。
例えば私はラーメンが大好きなんですが、だからといって食べ過ぎると100-200Sv以上被ばくするより発ガンリスクが若干高くなるようですね…気を付けねば。
喫煙で1.6倍とかなり高くなっていますが、昨年からの放射線騒動で面白いのは喫煙してる人も放射線の発ガンリスクに対して騒いでいたことです。
いやいや、今の放射線レベルならあなたの方が何倍もリスク高いですよ、しかも受動喫煙で周りにも発ガンリスクというレベルで迷惑かけてるんですよと。


ちなみに一番誤解を受けやすい「被ばく総量年間1mSv」という数値です。
これは上記の図をみてわかるように1mSvを超えると発ガンリスクが高まるという「安全と危険の境界線」を示す数値では全くありません。
これに対する私なりの解釈は「目標値が危険値ギリギリだとまずいし、平時ならこの数値目標は達成出来ると思うからとりあえず目指す数値としましょうね」というものです。
例えば食品の消費期限なんかも実際よりだいぶ短めに書かれていますが、あんなノリだと思います。
皆さんも消費期限から少し日が経っても食べたりしますよね?その程度のもんだということです。
ちなみに正確に表現すると「社会的、経済的要因を考慮に入れながら、合理的に達成可能な限り、低く抑えるべき」というものです。
そこに合理性が見られない限り、つまり除洗に数兆円もかかるような場合、達成すべき目標ではないということがわかります。


というわけで私なりに大事だと思うところをかいつまんで説明してきましたがどうでしょうか。
正しい科学知識を広めることが東北地方に起きている「人災」と言うなの風評被害を防げると信じています。
マスコミや一部の異常なコメンテーターの意見よりもこのような「科学的に根拠のある」建設的な意見で復興を助けていきましょう!
スポンサーサイト
10:37  |  未分類  |  TB(2)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.03.11 (Sun)

震災から一年後の今日を生きる

今日で震災から一年が経過しまいた。
本当に信じられないくらいの多くの人の命を奪った震災でした。
日本に与えた衝撃は想像を絶するものであり、多くの人の人生を変えた日でもあります。
直接被害を被った人以外でもその生き方に大きな影響を与えたのではないでしょうか。


私自身のことを言うと生き方の方向性自体は変わっていません。
もともと自分が信じる道を自分で選択して歩いてきたつもりです。
家族の絆もあんなに悲惨な震災がなくても両親の加齢とともに強く感じていました。
なので自分で歩いてきた道は間違ってなかった、という再確認をしたように感じました。
強く背中を押してくれた、そんな感じです。


震災からちょうど一年経った今日という日をどう過ごしたらよいでしょうか。
鎮魂の祈りを捧げながら静かに過ごすのも良いと思います。
だけど私は思うのです。
今日という日はあの日亡くなった多くの人たちが心の底から生きたいと願った、そいういう一日なんです。
そしてそれは今日だけでなく、明日も明後日も、一年後も十年後もそうです。
だったら今日を生きている私は今を思い切り生きたい。
自分が心からやりたいと願うことをやりたい、そう思うのです。
今日も、そしてこれからも。


震災から一年。
被災地ではまだまだ爪痕が残るという表現では生ぬるいほど復興が遅れている地域もあるようです。
また、復興を強力に進めている地域もあるようで、地域格差がどうしてもうまれている様子です。
再度、日本の一員として微力ながら出来ることをして行きたいと思います。
10:09  |  その他  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.03.05 (Mon)

一般派遣の暗い現実

私の仕事である特定派遣(正社員雇用型派遣)は話題に上がることはほとんどありません。
しかし一般派遣(非正規雇用型派遣)は多くの場合ネガティブなニュースとして話題になります。


「漂流ハケン社員」給料ダウン、結婚絶望、夢は……[前編]


私はそもそも正規・非正規というのがナンセンスだと感じています。
というより日本の大手の「ほぼ雇用を切ることができない正規社員」ということに対してという方が正確でしょうか。
年功序列と新卒採用が企業の人材戦略を大幅に狭めていることは間違いないでしょう。
その結果として生まれる「年齢による採用」が今回の派遣社員のような悲劇を生みます。

多くの人はこのニュースを読んで派遣社員の考えが甘いと思うのではないでしょうか。
正直言うと私も強く思いました。
日本社会の構造を考えれば、それが良いと思えなくても、正社員であることのメリットは限りなく大きいのは誰でもわかるはずです。
その正社員になるチャンスはリンク先で例としてあげられている2人のどちらもありました。
そのチャンスを自ら逃してしまうなんて、なんて愚かなんだと思わずにはいられません。

しかし、たとえ上記のように思ったとしても考え直して欲しいのです。
そもそも働き方なんて時の移り変わりとともに変化してしかるべきです。
その変化に全く対応していないのが日本の雇用システムと言えるでしょう。
それでも男性はまだ問題ないかもしれません。
病気や事故など不慮の事故がない限りとりあえず期間を空けずに働き続けることはできます。
しかし、女性は「子供を産む」という一大イベントが発生すれば当然職の空白期間ができます。
それを全く考慮していない、女性を働き手としてみていないということは私が言うまでもないことでしょう。

またそれ以外にもまさに例にあった人のように「一度の失敗を認めないシステム」ともいえます。
残念ながら将来を予想する力が弱かったと言えますが、それがその後の人生をここまで大きく左右する出来事にする社会がよりよい社会とは思えません。
当然キャリアを変えれば思うような給料は望めないでしょう。
しかし働き続けることが出来るなら再びチャンスがめぐってくることもあるかもしれません。
大事なのは「チャンスを奪わない」ということだと考えます。

今の日本は一度失敗すると通常の手段では這い上がることが非常に難しい社会です。
起業すればいい、と考える人もいるかもしれませんが全員がそれができたらそもそも問題にならないでしょう。
例え失業がある割合であってもその中身が流動的になっているような、チャンスがいつまでも奪われないような社会であって欲しいです。
21:32  |  社会・政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。