*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.11.10 (Thu)

部下の側にいる上司

職場で上司が昔の上司にこんなことを言われたそうです。


お前は部下に近付きすぎる


最初はどういう意味かわかりませんでした。
意味を聞くと要は「部下との精神的な距離感が近いのはいけない」ということです。
なんか文章にしたらすぐに理解できましたが昼飯たべながら上の空だったのでわからなかったんですね。


実はこのことは私もずっと思っていました。
部下との距離感を必要以上にとりすぎているのでうまくいかないだろうなぁと思っていたのですが実際にそれが原因で人間関係が崩れることも多いと思っています。
なぜ上司が部下に近付きすぎるとよくないのでしょうか。


仕事を行う上で上司は厳しい判断をする必要が多くあります。
もし要求されたような仕事が出来ていないのにほかっておく訳にはいきません。
なので当然上司と部下の関係には一定の厳しさがつきものでしょう。
しかし、そこでさらに「部下に近付きすぎる」という要因が加わると絶対に出てくるのが「えこひいき」というやつです。
仕事をこなす部下にはどんどん近付いていくと、相対的に仕事が出来ない部下との距離はとったつもりがなくても距離ができてしまいます。
それを続けていくうちに「あの上司は自分にとって都合のいい部下だけを側に近づける」という感覚で部下が捉えるので距離をとった部下の士気は大きくさがります。
そして士気の下がった部下と直接働くのは実は「上司のお気に入りの部下」なわけで結局嫌な思いをすることになるわけです。
そうするとチームとしての機能は大きく低下することにもなります。

また「イエスマンばかりを側に集める」というのも危険な状態です。
そうなると自分にとって都合の悪い情報が集まりにくくなるのでリスク管理上非常に危険です。
現場で起きている現実を把握できないとマネジメントできず、イエスマンの情報だけでマネジメントするので現状はいつまで経っても回復しません。
これは大抵気づいたときは手遅れですが、本人は自分が原因になっていることに気づくことはないでしょう。


このように部下との距離を誤ると必ずチーム・組織の機能は低下すると思います。
そしてこの機能低下は上司自身が気づかないと改善することが非常に難しいのです。
私はイエスマンではないのでガンガン悪い情報も伝えますが士気の低下はなんともしようがありません。
様々な試みを行いましたがやはり上司でないと出来ないことがあるんだと思い知りました。
マネジメントを担当するような人は部下との距離感を適切に保つことが機能的なチーム・組織作りに重要であることを肝に銘じて欲しいものです。
スポンサーサイト
08:02  |  仕事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.11.05 (Sat)

トコトン議論第2弾 TPP

すっかりご無沙汰しておりました。
最近ではTwitterやFacebookがあるのでそっちで意見を述べるとなんとなく満足してしまっています。
こうやって文章でまとめるのって大変なんですがだからこそ力にもなるんでしょうね。
昔のようなペースではないですがこれからもblogを更新していくのでよろしくお願いしますm(_ _)m


本日の話題はTPPについてです。
昨日GLOBISで行われた「トコトン議論」の第2弾で取り上げられていました。
残念ながらまだアップされていないのでリンクはないです。


正直言えばもう様々な議論はネットで行われていたと思います。
そこで自分の意見は推進すべきだと考えは決まっていたので今更感はあったのですが推進派と反対派が直接議論するのは勉強になると思い見てみました。
っといっても知らなかったので延長になった21時以降なんですが。

反対派の意見を聞いているとどうも「これからの日本を創る」という視点を完全に欠いているように感じました。
何十年も前の考え方を環境が変わった現在でも押し付けるのは昨今話題になっている「世代格差」にも通じるように思います。
日本がこのままゆっくりと衰退していっても正直上の世代の方々は問題にならないでしょう。
しかし、今からまさに社会に対してアクションをとっていく私の世代にしてみたらたまったものではありません。
このような視点を欠いた反対派に対して神保氏が素晴らしい発言をしました。


制度間競争で日本のシステムを不利にしないことが必要である


この発言を聞いたときに「これからの視点」があるかないかで全然TPPの見方が変わるんだろうなと強く感じました。
誰がどうみてもグローバル化の波は年々増すばかりでそのシステムに対応した日本を創らなければこれから立ち上がる人たちの足ばかりをひっぱる社会になります。
ライブドアしかり、もともと日本はそんな風土があると思いますが今の日本にそんな余裕はないでしょう。
池田氏が言うようにグローバル化に適応したグループから再配分して日本を支えていくしか今のところ展望がありません。
これから戦おうとしてくれる人たちの足を引っ張ってやれ農業だの医療だのと利権の塊のような集団を出されても話にならないというのが私の感想です。


話は変わりますが今回のトコトン議論は途中で司会がGLOBISの堀氏にかわりました。
最初は田原氏が行なったようで、私はその時は見れなかったんですが堀氏の司会は素晴らしいと思いました。
テレビの世界で生きてきた田原さんと比べると堀氏はパフォーマンス性はないですが意見をまとめながら優しく議論を進めてくれたように感じます。
是非トコトン議論では毎回司会をしてくれたらなと思うのですがどうでしょうか。


というわけで久しぶりの更新はこれで終わります。
いつものように書きなぐったような文章ですが…これからも書き続けていくのでよろしくお願いします!
12:07  |  経済  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。